フットボールチャンネル

日本代表 6か月前

スペック最強は誰だ!? サッカー日本代表能力値ランキング1〜10位。久保建英、三笘薫…トップは?【アジアカップ2023】

シリーズ:日本代表能力値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

6位:三笘薫(ブライトン/イングランド)

三笘薫

【写真:Getty Images】


生年月日:1997年5月20日
市場価値:5000万ユーロ(約70億円)
23/24リーグ戦成績:17試合3得点5アシスト
日本代表通算成績:18試合7得点5アシスト

 過密日程の中、ブライトンで出ずっぱり状態だった三笘薫は第18節のクリスタル・パレス戦で負傷。実戦復帰に至らないままAFCアジアカップカタール2023に臨む日本代表メンバーに招集されている。大きな期待と小さくない不安が入り混じる中で、自身初の大舞台に臨むことになる。

 三笘が世界から評価される理由は、やはりドリブル技術の高さにある。派手なフェイントは使わずとも、緩急や深い切り返しを駆使してどんどんと前進していく。とくに凄まじいのはトップスピードに至るまでの速さであり、対峙するDFからあっという間に大きなリードを奪ってしまう。それでいてボールタッチに狂いはないため、相手からすると止めるのは至難の業だ。これらは三笘にしかできない必殺技と言っても過言ではなく、「スキル」の数値はランキング内最高の91.6となっている。

攻撃面で違いを作り出す一方で、献身的な「守備」も忘れないのが三笘だ。スタミナが豊富であり、前線からのプレス、サイドバックのフォローを90分間に渡って繰り返している。だからこそ三笘は、ロベルト・デ・ゼルビ監督率いるブライトンで外せない存在になっていると言ってもいいだろう。能力値にもそれは表れており、「守備」の数値は攻撃陣としては高い61.1となっている。

 ここ最近はゴールやアシストの数が伸びていないが、対策が厳しくなったことや三笘をゴールから離れた位置に置いて崩しの核として頼りにしているブライトンのチーム状況が大きく影響していると言えるだろう。もちろんシュートやクロスの精度をレベルアップさせる必要がまったくないとは言い切れないが、深刻なウィークポイントではない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!