フットボールチャンネル

日本代表 6か月前

スペック最強は誰だ!? サッカー日本代表能力値ランキング1〜10位。久保建英、三笘薫…トップは?【アジアカップ2023】

シリーズ:日本代表能力値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

3位:遠藤航(リバプール/イングランド)

遠藤航

【写真:Getty Images】


生年月日:1993年2月9日
市場価値:1300万ユーロ(約18.2億円)
23/24リーグ戦成績:15試合1得点0アシスト
日本代表通算成績:55試合2得点3アシスト

 日本代表の主将、遠藤航は昨年の夏にリバプールに移籍。加入当初は低調なプレーに終始し批判の的となってしまったが、徐々に新たな環境に慣れていくと、パフォーマンスレベルが向上し、12月のチーム月間最優秀選手にも選ばれるなど当初の評価を一変させた。最高の状態でAFCアジアカップカタール2023に臨む日本代表に合流できたと言えそうだ。

「攻撃」の組み立てにまったく貢献できないわけではないが、パスやドリブルで次々と違いを作り出せるタイプではなく、リバプールでも加入当初はそのあたりの物足りなさを指摘されていた。能力値でも「スキル」と「攻撃」の数値は伸びきらず、前者は74.4、後者は68.2とMFの選手としてはやや低めに落ち着いている。

 しかし、遠藤にはそれらを補って余りある能力がある。それが「フィジカル」と「守備」だ。出足の鋭さとボールを奪い切るパワー、相手に向かって果敢にタックルを仕掛ける勇気はリバプールでも光っており、カウンターの芽を摘み取るだけでなく、素早く2次攻撃に繋げている。超攻撃的なサッカーを志向するリバプールで、誰よりも早くボールホルダーを潰すことができる遠藤の存在は貴重なものになりつつある。

 世界最高のプレー強度とスピードを誇るプレミアリーグの舞台で躍動し、ユルゲン・クロップ監督の信頼を掴んだ遠藤。日本代表よりもレベルの劣る相手との対戦が続くアジア杯では、無双できるかもしれない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!