フットボールチャンネル

フォーカス 4か月前

J2リーグ最高額は誰だ!? サッカー選手市場価値ランキング11〜20位。昇格の鍵を握るのは?【2024年最新版】

シリーズ:Jリーガー市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 明治安田Jリーグの2024シーズンが開幕した。J2リーグで最も高い市場価値を持つのはどの選手なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※市場価値は2月27日時点。価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


20位:アダイウトン(ヴァンフォーレ甲府)

甲府所属のアダイウトン
【写真:Getty Images】

生年月日:1990年12月6日
市場価値:60万ユーロ(約8400万円)
2023リーグ戦成績:29試合3得点6アシスト(FC東京)

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 市場価値60万ユーロ(約8400万円)でJ2選手の市場価値ランキングの20位にランクインしたのは、今冬にFC東京からヴァンフォーレ甲府に移籍したブラジル人WGアダイウトンだ。

 Jリーグ屈指のスピードとフィジカルで圧倒的な存在感を発揮し続けてきたアダイウトンが市場価値の自己最高金額を記録したのは、ジュビロ磐田で2017シーズンを32試合出場8ゴール8アシストでフィニッシュした直後の2018年1月であった(市場価値100万ユーロ/約1億4000万円)。

 右膝前十字靭帯断裂の大怪我によって長期離脱を強いられた2018シーズン以降、その金額を上回ることはなかったが、持ち前のスピードは33歳になった現在も健在。2023シーズンは途中出場での起用が半数以上を占めるようになったが、29試合に出場して3ゴール6アシストを記録した。

 長谷川元希ら主力の退団によって甲府の攻撃力が不安視されていた中で、J1での経験が豊富なベテランの加入は心強い補強となった。アダイウトンは2024シーズン第1節・徳島ヴォルティス戦でコーナーキックを頭で折り返し、早速アシストを記録している。33歳という年齢もあり市場価値を再浮上させることは難しいかもしれないが、甲府でも活躍することが十分予想される。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!