フットボールチャンネル

フォーカス 1か月前

最大の暴落は? 日本人選手、市場価値ダウン額ランキング11〜20位。評価を落としてしまったのは?【2024年最新版】

シリーズ:市場価値ランキング text by 編集部フォーカス photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

年齢や実績など様々な要素によって算出される市場価値は、その時期の活躍によって大きく左右されることもある。23/24シーズンも終盤に差し掛かった現在、その市場価値を大きく下げてしまった日本人選手は誰なのか。データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値下落額ランキングを紹介する。※市場価値や成績等の情報は3月13日時点の『transfermarkt』を参照。2023年7月1日と現在の市場価格を比較。下落額が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


20位:喜田拓也(横浜F・マリノス)

喜田拓也
【写真:Getty Images】

生年月日:1994年8月23日
市場価値の変動:120万ユーロ(約1.68億円)→100万ユーロ(約1.4億円)
市場価値の減少額:20万ユーロ(2800万円/-16.7%)
22/23リーグ戦成績:29試合1ゴール0アシスト

今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


20位には、横浜F・マリノスで主将を務めるMF喜田拓也がランクインした。

小学生の頃から横浜FMのアカデミーに所属していた喜田は、2013年にトップチームデビュー。それから現在に至るまで長きに渡ってトリコロールを中盤から支え続け、いまやクラブの象徴的存在となった。昨季はリーグ戦29試合に出場し、1ゴールを記録。日産スタジアムで開催された第10節名古屋グランパス戦で実に5シーズンぶりとなるゴールを決めて、前半押され気味だったチームに勝ち点1をもたらした。

その市場価値は120万ユーロ(約1.68億円)から100万ユーロ(約1.4億円)まで下落した。直近3年間は緩やかな上昇をしていたが、ここにきて20万ユーロ(2800万円)の減少に。それでも横浜FMに所属する全選手の中で3番目タイに高い市場価値を持っており、日本人選手に限れば同クラブでトップの金額となっている。

そんな喜田は、横浜FMで11シーズン目となる今季もキャプテンマークを巻くことを決断。主将継続に対して、クラブ公式サイトを通して「すべてはマリノスのため。すべてをマリノスのために」というコメントを残している。優勝の喜びも、2位の悔しさも何度も味わってきた喜田は、愛するクラブを1シーズンぶりの栄冠に導くことができるだろうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top