フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

落選の危機!? サッカーU-23日本代表、アジアカップ当落線上の6人。23人の枠に入り込めるか

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

FW:染野唯月(東京ヴェルディ)


【写真:Getty Images】


生年月日:2001年9月12日(22歳)
2024リーグ戦成績:5試合2得点1アシスト

 尚志高校で2年生のときに全国高校サッカー選手権大会で得点王に輝いた染野唯月は、2020年に鹿島アントラーズに加入してプロキャリアを始めた。1年目からピッチに立つことができたものの、分厚い選手層に阻まれて出場時間は短かった。それでも、2022シーズン途中から東京ヴェルディに期限付き移籍で加入すると、2023シーズンはJ2で6得点を挙げて昇格に貢献し、ブレイクを果たしている。

 しかし、3月のテストマッチでは、U-23マリ代表戦でもU-23ウクライナ代表戦でもインパクト不足だった感は否めない。ボールロストが多く、チャンスにうまく絡めなかった。

 センターフォワードのポジション争いでは、A代表を経験している細谷真大が不動とみていいだろう。確かに3月の2試合で好パフォーマンスだったわけではないが、いまから外すとは考えにくい。藤尾はセンターフォワードのほかにウイングとしても起用できるため、登録メンバーが18人と少ないパリ五輪を見据えると外しにくい。そうなると、染野は難しいかもしれない。

 染野は、ギリギリであるという自覚があるのか、J1第5節の京都サンガF.C.戦ではPK1得点を含む2ゴールを挙げる活躍を見せ、チームを敗戦の危機から救った。U-23日本代表の試合でアピールできなかった分、クラブで存在感を示している。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top