フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

落選の危機!? サッカーU-23日本代表、アジアカップ当落線上の6人。23人の枠に入り込めるか

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

FW:小見洋太(アルビレックス新潟)

アルビレックス新潟の小見洋太
【写真:Getty Images】


生年月日:2002年8月11日(21歳)
2024リーグ戦成績:5試合0得点0アシスト

 アルビレックス新潟の小見洋太は、昨年10月に行われたアジア大会のU-24香港代表戦でゴールを決めるなどインパクトを残したが、3月の2試合ではあまり存在感がなかった。

 小見は、U-23マリ代表戦とU-23ウクライナ代表戦で、どちらも後半途中から出場した。爆発的なスピードが最大の武器で、スーパーサブ起用をイメージしていると考えられる。疲れた相手をかき回して追加点を狙いにいくだけでなく、前線からのアグレッシブな守備は対戦相手にとって厄介なはずだ。

 ただ、パリ五輪を目指すチームに加わるのが比較的最近だった小見は、チーム内のライバルを追い抜かなければいけない立場で、3月の2試合でそれができたかと言われると疑問符が付く。所属する新潟でも、今季J1・5試合に出場して、まだ得点がないのも気になるところだ。

 ウイングのポジションでは、平河悠、山田楓喜がほぼ確実と言える立場で、佐藤恵允も好印象を残した。残りは1枠か2枠で、植中朝日が小見の主なライバルとなりそうだ。

 小見は、試合の流れを変えられるタイプで、大岩剛監督にとって手元に置きたい切り札の一つかもしれないが、複数ポジションをこなせる柔軟さでは植中に分があるだろう。指揮官も頭を悩ませているはずだ。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top