フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

落選の危機!? サッカーU-23日本代表、アジアカップ当落線上の6人。23人の枠に入り込めるか

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

FW:荒木遼太郎(FC東京)

サッカーU-23日本代表の荒木遼太郎
【写真:Getty Images】


生年月日:2002年1月29日(22歳)
2024リーグ戦成績:5試合4得点0アシスト

 荒木遼太郎は、3月のU-23日本代表戦で強烈にアピールした選手の1人だ。

 2020年に鹿島アントラーズでプロ入りした荒木は、2年目の2021シーズンにJリーグで10得点を挙げて、ベストヤングプレーヤー賞を受賞するなど、期待を集めた若手だった。しかし、背番号を10に変更して臨んだ2022シーズンに腰椎椎間板ヘルニアで離脱が長くなると、2023シーズンは戦術的な理由で出場機会が限られていた。

 それでも、期限付き移籍でFC東京に加わった今季は開幕から絶好調で、すでにJ1で4得点を挙げている。この活躍を受けて3月に大岩剛監督がU−23日本代表に招集すると、約2年ぶりとなる世代別代表の舞台で、U-23ウクライナ代表戦でチーム最多のシュート数を放つなど、持ち味を存分に見せつけた。試合後には「自分のプレーは出せた」と、手応えを口にしたほどだ。

 2024年の活躍を考えれば、荒木は招集されても不思議ではない。ただ、荒木の良さがいきるのはU-23日本代表のインサイドハーフに限定されるはずで、植中朝日は4-3-3のシステムでそのほかにウイングやFWに入ることもできる。荒木の積極性は強力な武器になり得るとしても、3月の1試合だけで2年分のおくれを取り戻せたかはまだ分からない。

【関連記事】
英国人が見たU-23ウクライナ戦「珍しい(笑)」「荒木遼太郎は非常に…」「マリ戦に比べて…」
サッカーU-23日本代表、完勝でMVPは?アピールに成功したのは【U-23ウクライナ戦どこよりも速い採点】
パリ五輪サッカーU-23日本代表メンバーを予想! スタメン&フォーメーションは?

【了】

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top