フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

落選の危機!? サッカーU-23日本代表、アジアカップ当落線上の6人。23人の枠に入り込めるか

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

DF:大畑歩夢(浦和レッズ)


【写真:Getty Images】


生年月日:2001年4月27日(22歳)
2024リーグ戦成績:4試合0得点0アシスト

 浦和レッズの大畑歩夢は、U-23ウクライナ代表戦に出場して、好印象を残した。それでも、U-23日本代表における左サイドバックの序列を変えられたかは、微妙なところだろう。

 攻守に安定感のある大畑は、U-23ウクライナ代表を相手に積極的に高い位置を取り、果敢なオーバーラップも見せた。チームが最終ラインからつなぐときには、パスの受け手として素早くポジションを取って味方をサポートし、細かいところでもサボらないプレーの真面目さが光っている。

 ただ、この左サイドバックのポジション争いは熾烈だ。軸は攻撃力のあるバングーナガンデ佳史扶が濃厚だろう。大畑は現時点でそのバックアップという位置づけになりそうだが、内野貴史は左右どちらのサイドバックもこなせる万能さがある。パリ五輪の登録メンバーは18人と少ないため、絶対的なレギュラーでない限り、複数ポジションをこなせる選手を優先したいと考えるのが自然かもしれない。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top