フットボールチャンネル

Jリーグ 2か月前

「日本の指導者は相変わらず停滞している」酒井高徳と河岸貴の本音と願望。指導者は「具体的に何をしてる?」【後編】

text by 編集部 photo by Footballcoach

Jリーグ 最新ニュース

VfBシュトゥットガルトでプレーした元サッカー日本代表DF酒井高徳と同クラブで指導者や通訳を歴任した河岸貴氏。両者の親交は10年以上も続き、現在でもフットボール談義を長時間交わす間柄だという。今回は、シーズン開幕前に行われた両者の対談の一部を抜粋してお届けする。(取材:Footballcoach、構成:編集部)

対談動画を公開中!『Footballcoach』のサイトはこちら

「日本の指導者は相変わらず停滞している」

ヴィッセル神戸DF酒井高徳と河岸貴氏
【写真:Footballcoach】

 第1回では「BoS理論」を軸に、昨季の明治安田J1リーグを制したヴィッセル神戸の戦いぶりを振り返り、第2回ではブンデスリーガでプレーした酒井自身の体験をもとに、フランク・リベリーら世界有数のアタッカーとの対峙から、プレッシングの繊細さに触れた。そして、話題はサッカー日本代表や日本の指導者へと移っていく。

『BoS理論』とは何か?
河岸貴氏の著書「サッカー『BoS理論』 ボールを中心に考え、ゴールを奪う方法」
を読むならこちらをチェック


 河岸貴氏は2004年にドイツへ渡り、09年からVfBシュトゥットガルトで指導者を務めた。11年1月に岡崎慎司が同クラブに加入すると、トップチームへ活躍の場を移し、15年6月まで同クラブに在籍してスカウトなどを歴任している。ドイツで指導者としての道を切り開いた河岸氏はこう切り出す。

「海外に行くことが目的じゃなく、むこうで活躍するのが重要で、そういった成功している選手も多々出てきている中で、指導者は相変わらず停滞しているのかな」

 遠藤航や冨安健洋、久保建英や三笘薫など、世界最高峰の舞台で活躍する選手は、酒井や河岸氏がシュトゥットガルトにいた時期と比べれば格段に増えた。ただ、それと比べると、指導者として海外の第一線で活躍する日本人は少ないことに河岸氏はもどかしさを感じる。これには酒井も同調する。

1 2 3

KANZENからのお知らせ

scroll top