フットボールチャンネル

【J1第14節まとめ】浦和レッズが3発快勝!鹿島アントラーズはサンフレッチェ広島を相手に白星

text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

2024明治安田J1リーグ第14節
【写真:Getty Images】



安居海渡らのファインゴールで浦和レッズが快勝!


 2024明治安田J1リーグ第14節の10試合が15日に各地で開催された。今日の試合が終わった段階で、上位3チームの順位に変化はなし。首位にヴィッセル神戸、2位にFC町田ゼルビア、3位に鹿島アントラーズと並ぶ。京都サンガF.C.に勝利した浦和レッズが4位に浮上した。


JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 19時キックオフのサンフレッチェ広島対鹿島アントラーズは、1-3でアウェイチームが勝利している。鹿島は鈴木優磨のPKなどにより2-0で前半を折り返すと、失点を挟んだものの、アレクサンダル・チャヴリッチがチームの追加点を挙げた。鹿島は前節の東京ヴェルディ戦で3-0から追いつかれたが、今回のゲームで悪い流れを払拭できたか。

 同じく19時開始のアルビレックス新潟対横浜F・マリノスは、ホームチームの逆転勝利に終わっている。前半に先制された新潟は、後半始まってすぐにゴールを2つ奪って試合をひっくり返す。その後もJ初スタメンの奥村仁がチームの3点目を挙げ、新潟の勝利を決定付けた。

 19:30キックオフの浦和レッズ対京都サンガF.C.は、上位進出を狙う浦和が3-0で快勝した。安居海渡と渡邊凌磨のゴールはいずれもミドルレンジからのシュートであり、この日の浦和は攻撃の多彩さを見せた。PKを外したチアゴ・サンタナは、流れの中からゴールを決め、CFの仕事をきっちりこなした。

 15日に行われた全試合の結果は以下の通り。

北海道コンサドーレ札幌 1–0 ジュビロ磐田
柏レイソル 2–1 湘南ベルマーレ
東京ヴェルディ 0–0 ガンバ大阪
FC町田ゼルビア 2–1 セレッソ大阪
アルビレックス新潟 3–1 横浜F・マリノス
名古屋グランパス 3–1 FC東京
ヴィッセル神戸 1–0 アビスパ福岡
サンフレッチェ広島 1–3 鹿島アントラーズ
サガン鳥栖 5–2 川崎フロンターレ
浦和レッズ 3–0 京都サンガF.C.

【関連記事】
【2024年】J1リーグ戦力総合評価ランキング1~10位。優勝候補はどこだ? 全20クラブを格付け!
【一覧】Jリーグ移籍情報2024 新加入・昇格・退団・期限付き移籍・現役引退
Jリーグ“最強”クラブは? パワーランキング。人気や育成、成績など各指標からJ1~J3全60クラブを順位化

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top