フットボールチャンネル

Jリーグ 4か月前

Jリーグ“最強”クラブは? パワーランキング1~10位。人気や育成、成績など各指標からJ1~J3全60クラブを順位化

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 サッカークラブの持つ影響力は単一の尺度で測れるものではないが、複数の指標から見えてくるものもある。今回はJ1、J2、J3の全60クラブを対象に、成績、人気、育成、売上の4つの指標を抽出して数値を組み合わせてランキング形式にした。果たして、最も“力のある”Jクラブはどこなのだろうか。

※見出しの括弧内の数字は、各項目の1位(最高位)を60ポイント、60位(最下位)を1ポイントとして降順で計算した合計値


10位:ガンバ大阪(199)

ガンバ大阪サポーター
【写真:Getty Images】

2023リーグ戦成績:16位(J1)
2023リーグ戦平均入場者数:2万3273人(5位)
2023シーズンホームグロウン人数:8人(14位タイ)
2022年度営業収益:約59億6900万円(7位)


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】[PR]


 2008年にはAFCチャンピオンズリーグと天皇杯の2冠に、2014年にはJ1、天皇杯、Jリーグ杯の国内3冠に輝いたガンバ大阪だが、近年はやや低迷していると言える。2020年はJ1で川崎フロンターレに次ぐ2位、天皇杯でも決勝進出を果たしたが、直近3シーズンでは目立った成績を見せることができないどころか、リーグ戦では13位、15位、16位と低迷して降格圏に近づいている。

 営業収益は2019シーズンより約4億円増加しているが、リーグ戦の入場者数は2019シーズンと比べると約4000人も減少している。また、関西圏屈指のアカデミーを持つガンバだが、ホームグロウン登録人数では、セレッソ大阪とヴィッセル神戸を下回る。海外移籍の低年齢化など、状況の変化もあるが、近年でアカデミーからトップチームの主力となった選手も少ない。

 実績やクラブの規模感を見ればJ1でもトップレベルのクラブだが、本ランキングで順位が伸びなかった最大の原因はやはり成績だろう。来季の続投が決まったダニエル・ポヤトス監督の下でガンバが優勝を争うことはできるのだろうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top