フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

やはりレベルが違う!? J1→J2移籍で大活躍中の選手10人。2部で「無双状態」の男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

DF:田中隼人(V・ファーレン長崎)

V・ファーレン長崎の田中隼人
【写真:Getty Images】


生年月日:2003年11月11日
前所属クラブ:柏レイソル
2024リーグ戦成績:17試合0得点1アシスト

 田中隼人は、柏レイソルのアカデミーで育ち、2021年にトップチームに昇格したセンターバックだが、J1リーグでの出場は7試合にとどまっており、2024シーズンは出場機会を求めてV・ファーレン長崎に加入した。

 188cmの長身センターバックである田中は、カバーリング能力の高さも魅力で、今季の長崎でリーグ戦16試合に出場し、上位につけるチームの守備に安定感をもたらしている。

 また、現代のセンターバックらしく、足元の技術が高く、相手の寄せに慌てることなく、最終ラインで正確にパスをつなぐことができる。精度の高い左足のキックで左右に展開するだけでなく、グラウンダーのパスを引いてきたFWに当てることもでき、攻撃の起点としても存在感を発揮しているところだ。

 田中は、今季から新設された月間ヤングプレーヤー賞の記念すべき1回目となる2・3月度に受賞して最高のスタートを切った。U-20日本代表に呼ばれる有望株でもあり、今後の成長に期待が集まっている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!