フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

やはりレベルが違う!? J1→J2移籍で大活躍中の選手10人。2部で「無双状態」の男たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

FW:佐藤大樹(ブラウブリッツ秋田)


【写真:Getty Images】


生年月日:1999年4月23日
前所属クラブ:FC町田ゼルビア
2024リーグ戦成績:14試合4得点1アシスト

 北海道コンサドーレ札幌の下部組織で育った佐藤大樹は、法政大学卒業後にFC町田ゼルビアでプロキャリアを始めた。しかし、なかなか出番を得ることはできず、昨年5月からY.S.C.C.横浜に育成型期限付き移籍で加入。J3で26試合に出場して7得点を記録した。そして、今季はブラウブリッツ秋田に期限付き移籍で加入している。

 左サイドハーフを主戦場にレギュラーをつかんだ佐藤はJ2でも活躍中で、第3節の徳島ヴォルティス戦で1得点1アシストを記録して勢い付くと、ここまで4得点1アシストを記録している。カップ戦を含めると5得点2アシストで、秋田の攻撃をけん引するアタッカーだ。

 特に魅力的なのは、左足のシュートだろう。前述の徳島戦のゴールはやや幸運な形でのFK弾だったとしても、左足のキック精度は抜群で、パンチ力のあるミドルシュートも得意としている。90分を通してピッチを走り回る体力も備わっており、チームのために動き回ることができる。

 佐藤にとっては、キャリアで初めてJ2をレギュラーとして戦っているシーズンであり、自身の成長を実感しているところではないだろうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!