フットボールチャンネル

Jリーグ 3日前

湘南ベルマーレは石原広教の良さを消していた。浦和レッズDFを「分かっているからこそ…」「練習では何百回と」【コラム】

シリーズ:コラム text by 編集部 photo by Getty Images

「燃えないはずがないシチュエーション」


 「同じチームで長くやってきた選手ですし、彼の良さを分かっていたからこそ、彼の良さを逆にこっちがガツガツいって消そうと思っていた。広教もそうだし、僕と大雅も燃えないはずがないシチュエーションだった」

 山田は石原との対戦を「楽しかった」と振り返る。山田の言葉通り、石原の特徴を熟知しているからこそ、山田を含めた湘南の左サイドは明確な狙いを持っていたようにも見える。32分の先制点は石原のいたエリアを崩した形になった。

 池田昌生の縦パスを、混戦の中で山田が左へ流す。ここに走り込んできたのはアンカーの田中聡だった。背後を取られる形となった石原はボールに寄せることができず、田中が振り抜いた左足のシュートは、ゴールネットを揺らしている。

「攻撃でも守備でもガツガツいったし、今日は相手の右サイドより、僕らの左サイドが上回ったんじゃないかな」

 山田がこう振り返るように、湘南の左サイドが圧力をかけていた時間は長かった。前半は浦和もコンパクトさを保っていたが、山田や畑の出足の速いプレスは浦和の自由を奪っていた。時計の針が進み、一時は浦和が逆転に成功したが、間延びした試合終盤はそれが致命傷となってしまった。

 85分、湘南は左センターバックの鈴木淳之介を下げて、FWの根本凌をピッチに送り込んだ。根本はルキアンとともに最前線に並び、その背後には左から石井久継、福田翔生、奥野耕平が並ぶ。最終ラインを4人にして、リスクをかけてゴールに迫ろうとした。

「相手のサイドハーフを僕が引っ張って下げられたので、特に後半はだいぶやりやすくなった」

 そう振り返ったのは左ウイングバックから左サイドバックにポジションを移した畑だった。この試合のハイライトとも言える湘南の同点ゴールは畑を起点に生まれている。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!