セルジーニョ・デスト

20210121_focus_getty

若手世界最高額ベストイレブン。20歳以下から市場価値で選出、久保建英の名はあるか?

毎年12月、FIFA(国際サッカー連盟)は年間表彰式を開催し、ベストイレブンをはじめとした各賞を発表する。その年に活躍した選手が選出されるこのベストイレブンとは別に、市場価値が高いベストイレブンを組むとどのような顔ぶれが並ぶだろうか。今回フットボールチャンネル編集部は、「4-2-3-1」の布陣に最も市場価値が高い20歳以下の選手を配置した11人を紹介する。※データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値を元に作成、成績は1月20日時点

20201223_barcelona_getty

バルセロナ、文句なしの90分。メッシも気持ちよくプレー、新システムはどのように機能したのか【分析コラム】

ラ・リーガ第15節、バジャドリー対バルセロナが現地時間22日に行われ、0-3でアウェイチームが勝利している。ロナルド・クーマン監督はこの試合で今季初めてスタートからの3バックシステムを採用。そして見事に完勝を収めている。では、3バックシステムはどのように機能したのだろうか。(文:小澤祐作)

バルセロナ

バルセロナ、メッシ抜きでつかんだ自信。ミンゲサ、アレニャー、リキ・プッチ…若者たちが猛アピール【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第4節が現地24日に行われ、バルセロナはディナモ・キエフに4-0で大勝した。リオネル・メッシをスペインに残して望んだウクライナ遠征は、明確にローテーションを意識した選手起用で乗り切った。チャンスを与えられた“サブ組”の選手たちは燃えていた。(文:舩木渉)

バルセロナ

バルセロナの補強はCランク、総合は…。メッシ残留&コウチーニョ帰還も拭えなかった不安【欧州主要クラブ補強診断(7)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のラ・リーガを2位で終えたバルセロナの補強動向を読み解く。

新着記事

↑top