ドミニク・キャルバート=ルーウィン

1124Everton_getty

エバートンって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? ハメス・ロドリゲスとエースの華麗なる活躍と脇を固めるバイプレーヤーたち

昨季は下位に沈む時期もあったが、今季は開幕4連勝で一時は首位に立ったエバートン。ハメス・ロドリゲスだけでなく、アラン、アブドゥライェ・ドゥクレといった実力者を迎え入れ、カルロ・アンチェロッティ監督は彼らを活かすスタイルを作り上げている。そこで今回は、エバートンの現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年11月23日現在)。

1026Everton_getty

なぜ? エバートン完敗の理由は…。失われたハメス・ロドリゲスとキャルバート=ルーウィンの輝き

プレミアリーグ第6節、サウサンプトン対エバートンが現地時間25日に行われ、2-0でサウサンプトンが勝利した。ここまで4勝1分で首位に立つエバートンだったが、サウサンプトンも4戦無敗。好調なチーム同士の対戦となったが、サウサンプトンが終始試合を有利に進め、エバートンに反撃のチャンスを与えなかった。(文:加藤健一)

1006CalvertLewin

プレミアリーグ最高の輝きを見せたのは? プレミアリーグ活躍度ランキング1〜10位(9月版)

フットボールチャンネル編集部では、プレミアリーグで活躍した選手のランキングを月ごとに作成。今回は9月の1位~5位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

1008Ronald

利き足は頭!? 驚異の活躍だったのは…。世界最高の活躍を見せたストライカーは? CF活躍度ランキング6〜10位(9月版)

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを各ポジションで月ごとに作成。9月の6位~10位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

1006CalvertLewin

世界最高の活躍を見せたストライカーは? CF活躍度ランキング1〜5位(9月版)。ハメス・ロドリゲスの相棒が大ブレイク中!

フットボールチャンネル編集部では、プレミアリーグで活躍した選手のランキングを月ごとに作成。今回は9月の6位~10位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

1006CalvertLewin

プレミアリーグ活躍度ランキング1〜5位。最強はリバプールFWかエバートンFWか(9月版)

フットボールチャンネル編集部では、プレミアリーグで活躍した選手のランキングを月ごとに作成。今回は9月の1位~5位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

1006PapuGomez

欧州主要リーグ サッカー選手活躍度ランキング1位~20位(9月版)

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを月ごとに作成。9月の1位~20位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

1006PapuGomez

C・ロナウドよりすごい! 世界最高の輝きを見せたのは? 欧州サッカー選手活躍度ランキング1位~5位(9月版)

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを月ごとに作成。今回は9月の1位~5位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

ハメス・ロドリゲス

いま、エバートンが最強。圧巻のハメス・ロドリゲスと驚異的勢いをけん引する若きエース

プレミアリーグ第4節が現地3日に行われ、エバートンはホームにブライトン&ホーブ・アルビオンを迎えて4-2の快勝を収めた。これで開幕からリーグ戦は無傷の4連勝となり、暫定ながら首位に浮上した。ハメス・ロドリゲスは変わらず圧倒的なパフォーマンスを披露し2得点1アシスト。さらに公式戦6戦9発と驚異のペースでゴールを量産する23歳の若きエースも、絶好調のチームを引っ張っている。(文:舩木渉)

エバートン

エバートン、20/21予想スタメン全選手紹介&フォーメーション。新加入ハメスが低迷脱出の切り札に

昨季のエバートンは一度崩壊した。2年目を迎えたマルコ・シウバ体制で結果が出ず、一時は降格圏に沈むほど。年末に監督交代に踏み切り、後任のカルロ・アンチェロッティ監督のもとで再起を図った。すると後半戦はパフォーマンスが著しく向上したが、遅れを取り戻すには至らず12位に終わった。今季はハメス・ロドリゲスらをピンポイントで補強し、捲土重来を期す。そこで今回は、20/21シーズンのレギュラー定着が予想される11人を基本フォーメーションとともに紹介する。

新着記事

↑top