バルサ

リオネル・メッシ

メッシが憂うバルセロナの未来。リーガV逸で見えたもの…真の勝者であり続けるために

現地19日にラ・リーガ最終節が行われ、レアル・マドリードの優勝で長かったシーズンが幕を閉じた。2位となったバルセロナはアラベスに快勝でリーグ戦を締めくくっている。その戦いの中で、リオネル・メッシは未来に目を向け、クラブの将来を案じていた。(文:舩木渉)

リオネル・メッシ

メッシは「どうしようもない種類」の問題。“バルサスタイル”復活の日は来るのか?【メッシシステムの呪縛(3)】

歴史のあるヨーロッパのフットボールクラブを「常勝」「“ザ哲学”」「港町」「ライバル」「成金」「小さな街の大きな」「名将」の7つのカテゴリーに分け、それぞれのフィロソフィーがどうなっているのか見てみようと試みた好評発売中の『フットボールクラブ哲学図鑑』(西部謙司著)から、バルセロナの章から一部を抜粋して全3回で公開する。今回は第3回。(文:西部謙司)

バルセロナ

“バルサスタイル”の完全破壊。メッシがいる限り…4-4-2が生んだ悪夢と難題【メッシシステムの呪縛(2)】

歴史のあるヨーロッパのフットボールクラブを「常勝」「“ザ哲学”」「港町」「ライバル」「成金」「小さな街の大きな」「名将」の7つのカテゴリーに分け、それぞれのフィロソフィーがどうなっているのか見てみようと試みた好評発売中の『フットボールクラブ哲学図鑑』(西部謙司著)から、バルセロナの章から一部を抜粋して全3回で公開する。今回は第2回。(文:西部謙司)

バルセロナ

メッシを生かすことは正義? バルセロナが採用した禁断の4-4-2【メッシシステムの呪縛(1)】

歴史のあるヨーロッパのフットボールクラブを「常勝」「“ザ哲学”」「港町」「ライバル」「成金」「小さな街の大きな」「名将」の7つのカテゴリーに分け、それぞれのフィロソフィーがどうなっているのか見てみようと試みた好評発売中の『フットボールクラブ哲学図鑑』(西部謙司著)から、バルセロナの章から一部を抜粋して全3回で公開する。今回は第1回。(文:西部謙司)

新着記事

↑top