中国代表

英国人が見た中国戦「遠藤と武藤は良かったけど…」「そろそろ韓国がアジアNo.1かも」

英国人が見た中国戦「遠藤と武藤は良かったけど…」「そろそろ韓国がアジアNo.1かも」

日本代表は9日、EAFF東アジアカップ2015の最終戦で中国と対戦して1-1の引き分け。この試合中、現地で取材するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時感想を聞いた。

東アジア杯、未出場は6人。東口、六反、米倉、丹羽、水本、米本…中国戦先発メンバーを読む

東アジア杯、未出場は6人。東口、六反、米倉、丹羽、水本、米本…中国戦先発メンバーを読む

中国・武漢で行われている東アジアカップ。ここまで1分け1敗の未勝利と苦しんでいる日本代表だが、テストの意味合いも強い今大会。2戦を終えて未出場の選手は6人となっている。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は最終戦となる開催国・中国戦へどのような11人を選択するのだろうか。

【現地ルポ】中国は本当に反日的なのか? 東ア杯でブーイングあったが…

【現地ルポ】中国は本当に反日的なのか? 東ア杯でブーイングあったが…

中国・武漢で行われている東アジアカップで、「君が代」の最中にブーイングが起こった。かねてより「中国は反日的」と言われているが本当だろうか。現地記者、街の人々の声をもとに検証する。

東ア杯を戦う日本代表が警戒すべき6人。連覇狙うハリルJに立ちはだかる中韓北の選手たち

東ア杯を戦う日本代表が警戒すべき6人。連覇狙うハリルJに立ちはだかる中韓北の選手たち

日本代表は8月から開催される東アジア杯に臨む。大会2連覇に挑むハリルジャパンだが、対戦する相手は日本に対して並々ならぬ対抗意識を燃やしており、油断はできない。今回は、日本代表が警戒すべき6人の選手をご紹介しよう。

ケーヒルが見せた“絶対的エースの証明”。ワンプレーで試合を決める力。日本戦実現なら要注意な存在に

ケーヒルが見せた“絶対的エースの証明”。ワンプレーで試合を決める力。日本戦実現なら要注意な存在に

アジア杯開催国のオーストラリアは、準々決勝・中国戦を2-0で勝利。この試合、35歳のティム・ケーヒルがオーバーヘッドでのスーパーゴールを含む全2得点を決めて勝利を引き寄せた。日本はUAEに勝利すれば、次戦はオーストラリアそしてケーヒルと対戦する。

新着記事

↑top