室屋成

181014_daihyo_getty

日本代表、パナマ戦で露見した課題とは? 森保J発足2戦目、快勝も攻守にバラつき【西部の目】

日本代表は12日、キリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦し3-0で勝利した。結果としては快勝だった。だが代表経験の浅い選手も多く、彼らは「安定」という意味ではベテランに劣る。また、ボールを奪うべき状況で取りきれないシーンも散見。日本らしいプレーもあったが、すべてにおいて満足できるゲームではなかった。(文:西部謙司)

日本代表

パナマ戦、アピール成功は新戦力組。W杯組は? 世代間の融合はこれからか【どこよりも早い採点】

10月12日、日本対パナマの一戦が行われ3-0で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

南野拓実

森保J、完勝で連勝! 南野&伊東が2戦連発、川又も得点し2試合続けての3-0

日本代表は12日、キリンチャレンジカップでパナマ代表と対戦した。

日本代表

南野、中島、堂安・・・新世代が躍動! 新生日本代表、白星発進【どこよりも早い採点】

9月11日、日本対コスタリカの一戦が行われ3-0で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

森保J、初陣は3-0完勝発進! 南野&伊東が代表初ゴール。若手躍動でコスタリカ下す

日本代表は11日、キリンチャレンジカップでコスタリカ代表と対戦した。

リオ五輪世代

森保Jに不可欠なリオ五輪世代の台頭。ロシアW杯での挫折、落選、高い壁を乗り越えて

日本代表は11日、コスタリカ代表との国際親善試合に挑む。森保一監督がA代表の指揮官として初めて采配を振るう試合で、覚悟が試されるのはリオデジャネイロ五輪世代の選手たち。ロシアワールドカップで挫折を味わった者、その舞台に立てなかった者、彼らが胸に秘める覚悟を証明するのは、まさに今だ。(取材・文:元川悦子)

槙野智章

日本代表も被災した大地震。忍耐力と感謝を胸に…再始動で踏み出した新たな一歩

北海道を襲った最大震度7の大地震。それに伴うインフラの復旧は進みつつあるが、いまだに混乱は収まっていない。そんな中、札幌で合宿中だった日本代表が再始動した。7日に行われるはずだったチリ代表との国際親善試合が中止となったものの、新生サムライブルーは歩みを止めない。(取材・文:元川悦子)

日本代表

韓国戦、屈辱の4失点で逆転負け【どこよりも早い採点】

12月16日、日本対韓国の一戦が行われ1-4で敗北ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

新着記事

↑top