森保一

181019_nmd_getty

「日本はいいチーム。でも、まだ弱い」その理由。別次元の“NMD”、階段上り始めた新世代【宮澤ミシェルの独り言】

日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第21回は、日本代表が臨んだパナマ、ウルグアイ戦について。ロシアワールドカップの主力が加わった森保ジャパンは、この2連戦で何を得たのか。(語り手:宮澤ミシェル)

日本代表

【英国人の視点】「サッカーは楽しい」を体現した日本代表。希望に満ち溢れた、いつもと違う親善試合

いつもの親善試合とは明らかに違った。日本代表がウルグアイ代表に勝利を収めた16日の夜、埼玉スタジアムには希望が満ちていた。見ていても、やっていても楽しいサッカーをピッチ上で表現した森保ジャパンの進む先には、どんな景色が見えてくるだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

冨安健洋

【岩政大樹×ウルグアイ戦】日本代表、新時代の到来を強烈に感じる勝利。若手CBの台頭で歴史が変わる

日本代表は16日、国際親善試合でウルグアイ代表と対戦し4-3で勝利を挙げた。この試合や12日のパナマ戦も踏まえ、10月の森保ジャパンの活動ではどんな成果や課題が見つかったのか。2010年の南アフリカワールドカップにも出場し、現在東京ユナイテッドFCで選手兼コーチとして活躍する元日本代表DF岩政大樹に、現役ディフェンダー目線で話を伺った。(分析:岩政大樹、構成:編集部)

日本代表

韓国メディアが見た日本対ウルグアイ。「圧倒」への驚きと、燃える宿敵への対抗心

日本代表は16日、ウルグアイ代表に4-3で勝利を収めた。誰もが予想しなかったであろう大量得点での勝利を、隣国・韓国メディアはどう見たのか。そこには勝利そのものへの驚きと、アジア最大のライバル関係だからこその対抗心があった。(文:キム・ドンヒョン【韓国】)

日本代表

中島、南野、堂安の推進力は日本代表を変える! 長友、吉田、原口が受けた強烈インパクト

日本代表が4-3と勝利を遂げた16日のウルグアイ戦、チームの中心となったのは中島翔哉、南野拓実、堂安律の3人だった。2列目で強く素速いプレーで相手を翻弄した姿には、吉田麻也ら長く代表を支えてきた選手たちもその強烈なインパクトを受けていた。(取材・文:元川悦子)

遠藤航

長谷部誠の後継者、その名は遠藤航。ウルグアイ戦勝利を支えた安定感、隠れたビッグプレーも

ロシアワールドカップを最後に日本代表引退を表明した長谷部誠の後釜は誰か。常にキャプテンとしてチームの先頭に立ち、ピッチ上では安定感抜群のプレーを見せていたベテランの後継者問題を解決するのは難しい。だが、ここにきて“後継者”と言える選手が現れたかもしれない。(取材・文:河治良幸)

181017_daihyo1_getty

桁違いの中島翔哉、スペクタクルだった森保J。一方・・・課題はあのベルギー戦から何も変わらず【西部の目】

日本代表は16日、キリンチャレンジカップ2018でウルグアイ代表と対戦し4-3で勝利した。ピッチに立った選手それぞれが持ち味を発揮し、強豪を撃破。自信を深める結果を得た。一方、守備面では問題が生じていた。それは、あのベルギー戦から何も変わっていなかった。スペクタクルなゲームであり、課題の残る一戦でもあった。(文:西部謙司)

堂安律

森保ジャパンには夢がある。ウルグアイ撃破が生んだ希望、「即時奪回」がもたらした4得点

日本代表は16日、ウルグアイ代表に4-3で勝利を収めた。ロシアワールドカップでベスト8に入った世界的な強豪から奪った4つのゴールには、ある共通点があった。躍動する森保ジャパンに浸透した、ある意識がチームに勢いを与えている。(取材・文:舩木渉)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top