チェーザレ・ポレンギ

イタリア、ミラノ生まれ。1994年より日本に在住。その間、1年間シンガポールにてGoal.comアジア5ヶ国のエディションを設立、管理する。その後、日本に戻りGoalJapan編集長を経て、現在はフットボールチャンネルのマネージング・エディターとして活躍。毎週水曜日JSOPORTS「FOOT!」に出演中。またスカパーにてJリーグの試合を英語で実況・解説している。Twitter:@CesarePolenghi

ユベントス

ユベントス、イタリア絶対王者に。主力放出の暗雲切り拓いた新しい才能【15/16シーズン査定】

2015/16シーズンも各国リーグで最終節を終え、シーズン終幕を迎えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はユベントスを振り返る。(文:チェーザレ・ポレンギ)

ユベントス

【イタリア人の視点】バイエルンは5バックが苦手? ユーベが奇跡の逆転のためにとるべき策

今日深夜、バイエルン・ミュンヘン対ユベントスの2ndレグが行われる。初戦は2-2だったこの試合、スコアではユベントス不利だが、果たして勝機はあるのか?(文:チェーザレ・ポレンギ 取材協力:ユベントス・ジャーナル)

市立吹田スタジアム【写真:チェーザレ・ポレンギ】

【イタリア人の視点】G大阪の新スタを知るための5つのトピック。欧州基準の“劇場”が日本サッカーの未来を変える

ガンバ大阪の新スタジアム、市立吹田サッカースタジアムで開催されたJ1開幕節G大阪-鹿島戦。新スタジアムで初めてとなる公式戦でG大阪は敗れてしまったが、魅力的な劇場は、日本サッカーの将来に資するものであると改めて感じさせられるものだった。

【独占】シンガポール代表GKイズワン、日本でのプレー熱望「J今こそ日本後を学ぶ必要がある」

【独占】シンガポール代表GKイズワン、日本でのプレー熱望「今こそ日本語を学ぶ必要がある」

2018年ロシアW杯アジア二次予選てグループ首位に立つ日本代表だが、唯一勝利できなかったのはホームでのシンガポール代表戦だった。この試合で神懸かりセーブを連発したシンガポール代表GKイズワン・マフムドは、松本山雅FCからトライアルのオファーを受け、練習に参加した。日本でも大きな注目を集めるイズワンだが、フットボールチャンネルの独占インタビューに応え、将来的なJリーグ入りへの思いを語ってくれた。

【イタリア人の視点】再考したい人種差別問題。防がなければならない“間違えたレッテル”

【イタリア人の視点】再考したい人種差別問題。防がなければならない“間違えたレッテル”

浦和レッズとガンバ大阪によるJリーグチャンピオンシップ準決勝後に勃発したパトリックへの人種差別問題。昨季、“JAPANESE ONLY”という横断幕による無観客試合という処分を受けた浦和レッズが再びサポーターによる差別という問題に向き合わなければならなくなったが、サッカーファン=差別主義者というレッテルは決して貼ってはならない。

【イタリア人の視点】改めて提言したい広島のスタジアム建設。なぜ世界的PRのチャンスを無駄にするのか?

【イタリア人の視点】改めて提言したい広島のスタジアム建設。なぜ世界的PRのチャンスを無駄にするのか?

J1・2ndステージを制し、年間勝ち点1位でチャンピオンシップを迎えるサンフレッチェ広島。近年のJリーグにおいて、最も成功を収めているクラブだが、サッカー専用スタジアム建設の可能性は一向に高まらない。スタジアム建設を支持しなければ、広島市と地元スポンサー企業は非常に大きなチャンスを無駄にすることになるだろう。

【イタリア人現地取材記】マインツで感じた“おもてなし”。日本が手本にすべきブンデス5つの魅力

【イタリア人現地取材記】マインツで感じた“おもてなし”。日本が手本にすべきブンデス5つの魅力

21年に渡って日本サッカーを見続けてきたイタリア人のチェーザレ・ポレンギが武藤嘉紀と香川真司の“日本人対決”で沸くコファス・アレーナを取材。そこにはモダンなスタジアムや真のジャーナリズムなど、日本サッカーが手本とすべき魅力的な要素が詰まっていた。

【イタリア人の視点】勇気ある本田の発言に賛同。罰金は不当、ミランは正論をクラブ経営に活かせ!

【イタリア人の視点】勇気ある本田の発言に賛同。罰金は不当、ミランは正論をクラブ経営に活かせ!

ミランの本田圭佑は、ナポリ戦後のミックスゾーンでクラブや監督、サポーターを公の場で批判した。本田の発言には賛否両論が集まり、日本だけではなくイタリアでも大きく報道されている。しかし、イタリアの社会において自らの意見を発信していくことは重要なことであると、チェーザレ・ポレンギ氏は述べている。

【イタリア人の視点】日本文化を愛する指揮官、花開くFC東京。若者に支持される“クールなチーム”へ

【イタリア人の視点】日本文化を愛する指揮官、花開くFC東京。若者に支持される“クールなチーム”へ

昨シーズンよりイタリア人のマッシモ・フィッカデンティ監督が指揮を執るFC東京。今シーズンは近年最高の成績をあげて上位に食い込んでいる。日本文化を愛する指揮官の下、若者に支持されるチームは真のビッグクラブへの道を歩み始めた。

【イタリア人の視点】東ア杯、ハリルの功罪。収穫だった新戦力の台頭と必要だった“先輩”の存在

【イタリア人の視点】東ア杯、ハリルの功罪。収穫だった新戦力の台頭と必要だった“先輩”の存在

2分け1敗に終わった東アジアカップ。結果は勝ち点2の最下位に沈んだが、武藤雄樹と遠藤航といった新戦力が台頭。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下で定着しつつある槙野智章もその存在感を強めた。しかし、結果も出しつつ新たな戦力を育てるためにはベテランの存在は必要だったのではないだろうか。

IMG_6061

【イタリア人の視点】レナトの移籍はJリーグの崩壊を意味するのか? 金満国に負けないために必要なこと

川崎フロンターレは、レナトが中国の広州富力へ移籍することを発表した。現在のJリーグで最も優れたパフォーマンスを見せていた外国人選手でもあるだけに、損失は大きい。Jリーグはここから学び、改革を遂げることができるだろうか。

【イタリア人の視点】閉塞感漂うJリーグ、進化の鍵握る国際化。言葉より重要視すべきこととは?

【イタリア人の視点】閉塞感漂うJリーグ、進化の鍵握る国際化。言葉より重要視すべきこととは?

数多くの外国人選手が在籍するJリーグ。しかし、その内訳はブラジルなど特定の国がほとんどを占めている。さらに成長させるためには国際化は必須だが、果たして何が求められるだろうか?

【イタリア人の視点】ユーベがバルサに勝てる5つの理由。経験と運で優るビアンコネーリ、今「勝利こそ全て」を証明へ

【イタリア人の視点】運命のCL決勝、ユーベがバルサに勝てる5つの理由

現地時間6日、いよいよ待ちに待ったチャンピオンズリーグ決勝が行われる。バルセロナは間違いなく優勝候補の筆頭だろう。彼らに挑むイタリア王者のユベントスは不利という声も聞こえる。しかし、イタリア人記者は、“ビアンコネーリ”がスペイン王者に勝てる5つのポイントを挙げている。

【イタリア人の視点】鹿島指揮官も称賛の“審判と選手のコミュニケーション”。絶えず継続し、日本のサッカー文化に

【イタリア人の視点】鹿島指揮官も称賛の“審判と選手のコミュニケーション”。絶えず継続し、日本のサッカー文化に

2015年シーズンが開幕し、1ヶ月が経過したJリーグ。今季は多くの審判の判定が議論を呼んでいる。日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は審判問題に言及し、Jリーグはすぐにこれに応えた。その姿勢を鹿島のトニーニョ・セレーゾ監督も称賛している。

【イタリア人の視点】ユベントス、必然の快勝。ドルトムントをなぜ粉砕できたのか?

【イタリア人の視点】ユベントス、必然の快勝。ドルトムントをなぜ粉砕できたのか?

ユベントスは現地時間18日、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16・2ndレグでドルトムントと対戦した。ホームでの1stレグを2-1で先勝していたユベントスは、ベスト8進出を懸けてアウェイでの一戦に臨んだ。

新着記事

FChan TV

↑top