海老沢純一

1985年、茨城県生まれのサッカーライター。10年にデンマークへ渡り、スポーツ紙通信員として南アフリカW杯を取材。フットボールチャンネル編集部兼次世代サッカー情報番組「FChanTV」ディレクターも務める。

アントワーヌ・グリーズマン

“キーマン”岡崎を無効化したアトレティコのプランBと、望み繋いだレスターのプランB

チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、昨季ファイナリストのアトレティコ・マドリーはホームでレスターと対戦。共通点の多い堅守速攻型のレスターを迎え撃ったアトレティコの“プランB”とは?(文:海老沢純一)

アザールとメッシ

“戦術的”になったプレミア。リーガは3強から混戦へ。最高峰リーグで見られる一大変化

現在、欧州サッカーを牽引するのはイングランド・プレミアリーグとスペイン・リーガエスパニョーラだ。強豪クラブが集結する2つのリーグだが、今季は大きな変化が見られる。一層見逃せなくなっているプレミアとリーガ。スポナビライブでは全試合独占ライブ配信している。見どころはどこになるのか。(文:海老沢純一)[Sponsored Contents]

次はダービーを取材したいと意欲を語る

AKB48小嶋真子、日立台へ降臨! ファインダーから見た景色は? 新米記者の柏×G大阪取材記【編集部フォーカス】

ウェブ番組『FChan TV』とのコラボ企画。メインMCを務める小嶋真子が日立柏サッカー場で行われたJ1第2節、柏レイソル対ガンバ大阪を取材。ピッチとスタンドが隣接するサッカー専用スタジアムでフォトグラファーを務めた小嶋がファインダーから見た景色とは?(試合取材:小嶋真子/取材・構成:海老沢純一)

バルセロナ

バルサ、「歴史的逆転劇」の要因。引いてしまったPSG、4点リードで生まれた消極性

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグにおいて、バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)を相手に6-1で勝利を手にした。この結果、2戦合計6-5でバルセロナの勝ち抜けが決定。4点差というビハインドをひっくり返したバルセロナの強さの要因とは?(文:海老沢純一)

fchantv34

ガンバ大阪DF丹羽大輝が選定!現役選手が選ぶJ1ベストイレブン&MVPは?【FChan TV #34】

Jリーグをはじめ、世界中のサッカー情報をAKB48の小嶋真子とともにお届けする『FChan TV』

fchantv33

クラブW杯へ必見!レアル・マドリー大特集 ダバディ氏が母国の英雄ジダンを熱弁!!【FChan TV #33】

Jリーグをはじめ、世界中のサッカー情報をAKB48の小嶋真子とともにお届けする『FChan TV』

fchantv32

小嶋真子、村山彩希と事故スレスレの五番勝負!サッカー番組MCの1年の成長をチェック【FChan TV #32】

Jリーグをはじめ、世界中のサッカー情報をAKB48の小嶋真子と村山彩希とともにお届けする『FChan TV』

ルカ・モドリッチ

バルサが“ポゼッションを捨てた日”。レアルの守備と「クラシコ」が示すサッカーの新時代

 世界中が注目するバルセロナとレアル・マドリーによるクラシコ。カンプ・ノウで行われた今回の一戦は、1-1のドローに終わった。互いに守備的なプランで臨んだこの大一番は、サッカーが新たな時代へと突入したことを告げていた。(文:海老沢純一)

アンドレス・イニエスタ

「カンプ・ノウでのクラシコ」優勢はレアルか? バルサの“支配力”を満たすための条件【注目試合プレビュー】

リーガエスパニョーラ第14節、首位レアル・マドリーと2位バルセロナがカンプ・ノウで激突する。世界が注目する“クラシコ”だが、アウェイゲームで結果を残すレアル・マドリーが優勢と見られている。今季は苦しむバルセロナが大一番で復活を遂げるためには、キーマンの復帰が不可欠か。(文:海老沢純一)

fchantv31

松木安太郎氏に禁断の直撃! 今明かされる名解説の真実!【FChan TV #31】

Jリーグをはじめ、世界中のサッカー情報をAKB48の小嶋真子(?)とともにお届けする『FChan TV』

fchantv30

サッカー男子必見!欧州クラブもJクラブも…女子ウケ抜群!おしゃれなユニホームは?【FChan TV #30】

Jリーグをはじめ、世界中のサッカー情報をAKB48の小嶋真子とともにお届けする『FChan TV』

新着記事

↑top