本田圭佑が子供たちに伝えたいこと(その1)

2012年6月から開校した本田圭佑監修のサッカースクール。現役の代表選手がスクールを開くこと自体異例と言えるが、そこでは一体どういったことが行われているのか。本田のマネージャーであり、スクールの責任者でもある榎森亮太氏に話を聞いた。(取材は2012年8月時のものです)

2014年02月05日(Wed)10時44分配信

text by 森哲也 photo editorial staff
Tags: , , ,

【フットボールサミット第8回】掲載 | 【その2】 | 【その3】

本田が体現する自己管理の大切さを子供たちに伝える

 五輪ムードで盛り上がる2012年7月末、携帯電話が鳴った。発信元は「榎森亮太」。本田圭佑オフィシャルブログではEMOの名前で登場する本田のマネージャーであり、本田監修のサッカースクール「SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL」の責任者でもある。つまり家族以外で本田をもっとも近くで見ている人物と言えるかもしれない。

 電話に出ると、お願いしていたSOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL (以降、SOLTILO)についての取材を受けてくれるという。SOLTILOは大阪の井高野、上新庄を拠点に2012年6月からスタートした。これまでもワンデークリニックをオランダ、ドイツ、中国、日本では宮崎県、石川県、大阪府、千葉県などで開いてきたが、ひとつの地域に腰を据えてやるのは初めての試みのようだ。

 なぜ現役真っ盛りの本田が本格的なサッカースクールを始めたのか? 一体何を目指しているのか? そういう素朴な疑問からの取材依頼だったが、一方で頭の片隅には少しの心配事があった。本田は名前だけを貸して、実態はほとんど何もやっていないのではないか…。実際に有名選手の名を冠した形だけのスクールも存在する。

 だが、そんな浅はかな先入観が恥ずかしくなるくらい本田も榎森も本気だった。

1 2 3 4 5

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top