単なる親善試合ではない――。豪州にとって日本戦が持つ意味とは? 自国開催アジア杯へ指揮官は“悲壮な覚悟”

2014年11月18日(Tue)15時00分配信

text by 植松久隆 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

日本とのレベルの差を冷静に見極める

 ホスト国として、それなりの成績を達成するためにも、この日豪戦で下手を踏み、大会前に自らへの批判を増長する愚は避けたいのが監督としての本音。

 だからこその「ケーヒル頼み」であり、ポスタコグルーにしてみれば日本が強い苦手意識を持つケーヒルを前面に打ち立てることで、負け過ぎない戦いを志向する必要に迫られているとも言える。

 いずれにしても、今回の対戦の現実的目標は、試合を通して、日本と彼我とのレベルの差を冷静に見極め、何が足りないのかをしっかりと感じ取ること。そこから、アジア杯までの2ヵ月の最終準備期間は、各々がクラブレベルでその差を出来る限り縮めていく努力をする必要がある。

 サッカルーズの現在地を測るのに日本ほど最適の相手はいない。チャレンジャー精神で臨む今回の日豪戦、ポスタコグルーの覚悟とサッカルーズの戦いぶりをしっかりと見届けたい。

 最後に、無茶は承知で18日の勝敗予想をしてみたい。

“豪州番”としての立場もあるが、彼我のレベルと状態の差を勘案して、2-1で日本の勝ちを予想する。日本の得点者は分からないが、サッカルーズの得点者は言わずもがなのケーヒルだろう。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

1 2 3 4

新着記事

↑top