大島僚太が受け継ぐ系譜。日本の新たなマエストロ、サッカーの原理を知る和製イニエスタ【西部の目/ロシアW杯】

2018年06月15日(金)12時10分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

中村憲剛、中村俊輔、遠藤保仁・・・マエストロの系譜

180615_kengoshunsukeendo_ge
中村憲剛、中村俊輔、遠藤保仁(右から)【写真:Getty Images】

 大島を経由することで攻撃のリズムが決まる。ボールを失わない選手には自然と多くのパスが集まるからだ。日本には何人かのマエストロがいるが、大島はその1人である。

 ただ、中村憲剛、中村俊輔、遠藤保仁の先輩マエストロに比べると、ゲームを俯瞰する目と駆け引きには、まだ少し成長の余地があるかもしれない。とくにまだ経験の浅い日本代表では、遠慮しているわけではないだろうが、すべてを出せている感じもない。

 マエストロ型の選手のプレーの中には、周囲から見ると何がしたいのかよくわからないものが含まれる。味方と3mのパスを繰り返したり、いるべきポジションから逸脱したりする。チームメートが理解するにもそれなりの時間がかかる。これは話をしても解決するものではなく、時間をかけて周囲が理解していくしかない。

 とくに口数の多いわけでもない大島の場合は余計に時間がかかるかもしれない。遠藤保仁はガンバ大阪での、その過程について「よくぞ周囲が理解してくださった」と話していた。

 日本が大島のタクトの下にプレーするのは、おそらくもう少し先になる。ロシアワールドカップは間に合わないと思うが、すでにチームメートからの信頼は得られているだろうから、あとは時間の問題だろう。

1 2 3

新着記事

↑top