ウズベキスタン戦、殊勲弾の塩谷に最高評価。一方で変わらぬ課題も…守備陣は低評価に【どこよりも早い採点】

1月17日、AFCアジアカップ2019・日本対ウズベキスタンの一戦が行われ2-1で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2019年01月18日(Fri)0時22分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 編集部 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

先制許すも逆転勝利

日本代表
日本代表のパフォーマンスはどうだったのか【写真:田中伸弥】

【日本 2-1 ウズベキスタン AFCアジアカップ2019・グループリーグF組第3節】

シュミット・ダニエル 5 タイミングをずらした相手のシュートを止められず
佐々木翔 5.5 後方から乾をサポート。守備では相手の後手を踏むシーンもあった
槙野智章 4.5 裏へのケアが甘く、抜け出されたところから失点した
三浦弦太 4.5 飛び出す相手を簡単に離してしまう。周囲との連係を密にしたかった
室屋成 5.5 果敢な攻撃参加。丁寧なクロスで同点ゴールをアシストした
青山敏弘 5.5 ボールがズレるシーンもあったが、後半にはいいスルーパスも
塩谷司 6.5 久々の代表戦はボランチの一角。強さなど持ち味を示し、強烈ミドルで逆転弾
乾貴士 5.5 巧みで力強いドリブルで相手を剥がし、チャンスを作った
伊東純也 5.5 中央寄りでプレーしつつ、外からの突破では快速を生かした
北川航也 6 下がり目の位置で起点となった。思い切りの良いシュートなど積極性も○
武藤嘉紀 6 ガムシャラにプレーしチームを活性化。クロスを頭で合わせて同点弾をゲット

原口元気 – 出場時間短く採点不可
遠藤航 – 出場時間短く採点不可
冨安健洋 – 出場時間短く採点不可

森保一監督 5.5 スタメンを入れ替えて臨んだ。特徴を出した者もおり、収穫はあった

【了】

新着記事

↑top