鳥栖・松岡大起。17歳の俊英は、久保建英だけじゃない。“3つの顔を持つ男”の青春の日々

サガン鳥栖に2種登録された松岡大起が評価を高めている。同学年のFC東京・久保建英に注目が集まる中、高校生、サガン鳥栖U-18のキャプテン、トップチームのスタメン…3つの顔を持つ17歳は充実の日々を送っている。(取材・文:藤江直人)

2019年03月15日(Fri)10時20分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

カレーラス監督も賛辞を惜しまない逸材

190314_1_getty
サガン鳥栖の松岡大起【写真:Getty Images】

 3年への進級を直前に控えた、ごく普通の県立高校生。プリンスリーグ九州で3連覇を目指すサガン鳥栖U-18のキャプテン。そして、2種登録されたトップチームで居場所を手に入れつつあるホープ。3つの顔をもつ17歳の松岡大起はいま、充実感あふれる青春の真っ只中にいる。

 サガン鳥栖には2年連続で2種登録されている。もっとも、多度津FC(香川県代表)との天皇杯2回戦で9分間出場しただけだった昨シーズンとは対照的に、幕を開けたばかりの今シーズンで松岡はすでに公式戦で4試合に出場。そのうち3度で先発フル出場を果たしている。

 身長170cm体重65kgの体に宿る、稀有な潜在能力にすっかり魅せられているからか。今シーズンから指揮を執る、スペイン人のルイス・カレーラス監督は「非常に信頼しているし、大いなる未来がある選手だと思っている」と、異国の地で見つけた逸材への賛辞を惜しまない。

「評価しているのは謙虚な姿勢であり、学ぶことへの意欲であり、指導者が求めることをしっかりと実践できることだ。彼にはいろいろな要求をしていきたい。なぜならば、彼はもっと、もっとできるからだ。日本代表の監督にも、彼のことを見てほしいと思っている。17歳と若い彼がトップリーグでプレーしていることに対して、私はシャッポを脱いで敬意を表したい」

 名古屋グランパスとの開幕節はベンチ外だった。しかし、0-4の大敗を喫した悪い流れを変えるために、リオデジャネイロ五輪代表のMF原川力に代わって、ヴィッセル神戸との第2節での先発に抜擢された。敵地・ノエビアスタジアム神戸は、2万5172人の大観衆で埋め尽くされていた。

1 2 3 4 5 6

新着記事

FChan TV

↑top