中田英寿、中村俊輔、本田圭祐、長友佑都、香川真司…あの時代、誰と定位置を争い世界に名を轟かせたのか? その激闘の記録【編集部フォーカス】

2019年03月28日(Thu)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

本田圭佑(2010年)

190326_3_getty
CSKAモスクワ時代の本田圭佑【写真:Getty Images】

MF:本田圭佑
生年月日:1986年6月13日
10年シーズン所属クラブ:CSKAモスクワ(ロシア) ※当時のロシア・プレミアリーグは春秋制
当時のライバル:アラン・ジャゴエフ

 オランダのVVVフェンロで王様として君臨した本田圭佑が、次に移籍したのはロシアのCSKAモスクワだった。加入直後のチャンピオンズリーグ・セビージャ戦で鮮烈な直接FKを決めるなど、最高のスタートを切った。

 しかし、最も得意とするトップ下にはロシア代表MFアラン・ジャゴエフがいた。本田はボランチで起用されることも多く、監督と何度も衝突している。

 それでも、ボランチで違いを生み出し、右サイドなど攻撃的なポジションで出場すればゴールも奪った。ジャゴエフからトップ下の座を完全に奪い取れたわけではないが、存在感を放ったのは間違いない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top