2000年Jリーグ。最強の日本代表がアジア制覇。複数の『史上初』、PKでハットトリック!?【Jリーグ平成全史(8)】

2019年04月28日(Sun)7時00分配信

シリーズ:Jリーグ平成全史
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ベストイレブン、個人賞

190426_4_getty
MVPを受賞した中村俊輔【写真:Getty Images】

ベストイレブン
GK:高桑大二朗(鹿島アントラーズ)
DF:秋田豊(鹿島アントラーズ)
DF:ホン・ミョンボ(柏レイソル)
DF:松田直樹(横浜F・マリノス)
MF:明神智和(柏レイソル)
MF:中村俊輔(横浜F・マリノス)
MF:稲本潤一(ガンバ大阪)
MF:森島寛晃(セレッソ大阪)
FW:ツゥット(FC東京)
FW:中山雅史(ジュビロ磐田)
FW:西澤明訓(セレッソ大阪)

 優勝争いを繰り広げたクラブからバランスよく選手が選ばれている。また、10人が初選出だった前年ほどではないものの、この年も7人が初めてベストイレブンに名を連ねた。FC東京のツゥットは共にJ1昇格を果たした川崎Fからの期限付きで加入した選手。突進力を生かしてゴールに迫り、17得点を記録。FC東京の躍進を支えた。

個人賞
最優秀選手賞:中村俊輔(横浜F・マリノス)
得点王:中山雅史(ジュビロ磐田)
新人王:森崎和幸(サンフレッチェ広島)
最優秀監督賞:西野朗(柏レイソル)
優勝監督賞:トニーニョ・セレーゾ(鹿島アントラーズ)
優秀主審賞:レスリー・モットラム
優秀副審賞:廣嶋禎数
フェアプレー個人賞:米山篤志(ヴェルディ川崎)
功労選手賞:松永成立

 MVPは横浜F・マリノスのエースに成長した中村俊輔が受賞。磐田の中山雅史は29試合で20ゴールを挙げ、1998年以来2度目の得点王となった。鹿島を史上初の3冠に導いたトニーニョ・セレーゾ監督は優勝監督賞を受賞。最優秀監督に選ばれたのは、年間最多勝ち点を獲得した柏レイソルの西野朗監督だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top