2017年Jリーグ。フロンターレが悲願達成、長崎はクラブ消滅の危機から一転…。あの大物選手も来日!【Jリーグ平成全史(25)】

2019年05月08日(Wed)7時00分配信

シリーズ:Jリーグ平成全史
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ベストイレブン、個人賞

小林悠
この年の最優秀選手賞、得点王、ベストイレブンに選ばれた川崎フロンターレの小林悠【写真:Getty Images】

ベストイレブン
GK:中村航輔(柏レイソル)
DF:昌子源(鹿島アントラーズ)
DF:西大伍(鹿島アントラーズ)
DF:エウシーニョ(川崎フロンターレ)
DF:車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
MF:中村憲剛(川崎フロンターレ)
MF:井手口陽介(ガンバ大阪)
MF:山口蛍(セレッソ大阪)
FW:興梠慎三(浦和レッズ)
FW:小林悠(川崎フロンターレ)
FW:杉本健勇(セレッソ大阪)

 クラブ史上初のJ1リーグ制覇を果たした川崎フロンターレからは最多の4名が選出。ベテラン・中村憲剛はこれが7回目となるベストイレブン選出だった。また、中村航輔や井手口陽介、車屋紳太郎が初選出となっているなど、若手の活躍が印象的なシーズンでもあった。

個人賞
最優秀選手賞:小林悠(川崎フロンターレ)
得点王:小林悠(川崎フロンターレ)
ベストヤングプレーヤー賞:中山雄太(柏レイソル)
最優秀監督賞:鬼木達(川崎フロンターレ)
優秀監督賞(J1):尹晶煥(セレッソ大阪)
優秀監督賞(J2):曹貴裁(湘南ベルマーレ)
優秀監督賞(J3):杉山弘一(ブラウブリッツ秋田)
最優秀審判賞:西村雄一
最優秀副審賞:相樂亨
フェアプレー賞 高円宮杯:サンフレッチェ広島
J1フェアプレー賞:ベガルタ仙台、セレッソ大阪、FC東京、サガン鳥栖、川崎フロンターレ、ガンバ大阪、ジュビロ磐田
J2フェアプレー賞:大分トリニータ、松本山雅FC、愛媛FC、東京ヴェルディ、ファジアーノ岡山、モンテディオ山形、ツエーゲン金沢
J3フェアプレー賞:ブラウブリッツ秋田、アスルクラロ沼津、Y.S.C.C.横浜、セレッソ大阪U-23、グルージャ盛岡、AC長野パルセイロ、福島ユナイテッドFC、
フェアプレー個人賞:中澤佑二(横浜F・マリノス)、柿谷曜一朗(セレッソ大阪)、水本裕貴(サンフレッチェ広島)
功労選手賞:市川大祐、大島秀夫
最優秀育成クラブ賞:FC東京
最優秀ゴール賞:関根貴大(浦和レッズ)

 この年より最優秀監督賞だけでなく、各カテゴリーの優秀監督賞が発表されるようになった。J1ではセレッソ大阪の尹晶煥監督、J2は湘南ベルマーレの曹貴裁監督、J3はブラウブリッツ秋田の杉山弘一監督が受賞している。また、川崎フロンターレの小林悠は最優秀選手賞と得点王をダブル受賞。これは史上6人目の快挙となっている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top