東京五輪サッカー注目の5人(3)。もはや“新星”ではない!? 怪物級の男たちがずらり【編集部フォーカス】

2020年は東京五輪が開催される。出場資格のある1997年1月1日以降に生まれた選手たちは、既に世界の舞台で活躍している。今回、フットボールチャンネル編集部では東京五輪に出場する可能性がある若きスター選手をピックアップしていく。(文:編集部)

2020年01月03日(Fri)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

バスクが育んだ新世代のビッグセーバー

ウナイ・シモン
アスレティック・ビルバオ所属のU-21スペイン代表GKウナイ・シモン【写真:Getty Images】

GK:ウナイ・シモン(U-21スペイン代表/アスレティック・ビルバオ)
生年月日:1997年6月11日(22歳)
今季リーグ戦成績:17試合出場/11失点9完封

 チェルシーへと旅立ったケパ・アリサバラガに続く、アスレティック・ビルバオの育成組織が輩出した新たな守護神だ。今季はイアゴ・エレリンとの競争を制して正守護神の座を獲得すると、リーグ開幕戦でバルセロナを完封。出場した17試合のうち9試合でクリーンシートを達成し、許したゴールはわずかに9つと安定したパフォーマンスを披露している。

 最も優れているのは身長190cm体重88kgという恵まれた体躯を生かしたシュートセービング。鋭い反応とゴール全体をカバーするダイナミックな守りは、レアル・マドリーのGKティボ・クルトワを彷彿とさせる。ゴルカ・イライソスやケパといった、近年のアスレティックを支えた守護神の系譜に名を連ねるバスク産GKは、近い将来のA代表定着が期待されている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top