Jリーグ、主要移籍まとめ(4)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人

2019シーズンのJリーグは全日程が終了している。現在は2020シーズンに向け、各クラブが新戦力の補強に力を注いでいるところだ。象徴と呼ばれた選手が新天地を求めるなど、移籍市場は活況を呈している。フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを紹介していく。今回はこの5人(随時、追加紹介していく)。

2020年01月31日(Fri)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images,Kazhito Yamada / Kaz Photography,Kenichi Kato
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

ブラジル人アタッカー

レアンドロ
【写真:加藤健一】

MF:レアンドロ(ブラジル)
生年月日:1993年5月12日(26歳)
昨季リーグ戦成績:22試合出場/3得点3アシスト
移籍先:鹿島アントラーズ→FC東京

 ブラジルのコリチーバから鹿島アントラーズに加入したのは2017年のこと。サッカー王国で育ったアタッカーは、加入1年目から独特なリズムで繰り出されるドリブル、高い決定力といった持ち味を存分に発揮し、リーグ戦23試合の出場で11得点を記録するなど大爆発。守備にも献身的と、常勝軍団の新たな武器となった。しかし、2018シーズンは怪我によりリーグ戦出場がわずか5試合。昨季も終盤戦で出場機会を失い、リーグ戦は22試合の出場で3得点3アシストという成績だった。

 そのレアンドロは今月3日、鹿島からFC東京に期限付き移籍することが発表されている。新天地での背番号は「20」。MFアダイウトン、FWディエゴ・オリヴェイラ、FW永井謙佑ら豪華な攻撃陣を擁するFC東京で、どのようなパフォーマンスを発揮するか注目が集まっていた。

 アピールの場はさっそくやってきた。28日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・プレーオフのセレス・ネグロス戦。レアンドロは左ウィングとして先発出場を果たしている。40分には決定機を逸するなどもったいない場面もあったのは事実であるが、高質なクロスを上げるなど自身の色は出していた。今後もアピールが必要となるのは確かだが、持っている力は十分。FC東京を悲願のリーグ制覇、そしてACLでの上位進出に導くことができるか。

【次ページ】仙台の司令塔

1 2 3 4 5

新着記事

↑top