Jクラブも獲得可能? 契約フリーの名手5人(2)。ダビド・シルバとペドロの来日は実現するか?

2020年02月13日(Thu)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ドルトムント退団は確実?

マリオ・ゲッツェ
【写真:Getty Images】

MF:マリオ・ゲッツェ(ドイツ代表/ボルシア・ドルトムント)
生年月日:1992年6月3日(27歳)
市場価格:1800万ユーロ(約21億5000万円)
今季リーグ戦成績:12試合出場/3得点0アシスト


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ボルシア・ドルトムントの下部組織出身である攻撃的MF。2009/10シーズンにユルゲン・クロップ監督にその才能を見出され、トップチームデビューを飾った同選手は、翌2010/11シーズンにリーグ戦33試合で6得点15アシストの成績を残すなど大爆発。瞬く間に世界へその名を轟かせ、スーパースターの階段を上り始めた。ドイツ代表としても活躍しており、2014年のブラジルワールドカップでは決勝でゴールを決め、同国を優勝に導いた。

 その後バイエルン・ミュンヘン移籍を経て、2016/17シーズンにドルトムントへ復帰を果たしたマリオ・ゲッツェ。しかしこの年、内科医による精密検査の結果、代謝異常が発覚し、無期限の離脱を強いられる。結局、同シーズンはリーグ戦11試合の出場に留まっていた。そんな苦難を乗り越え迎えた昨季は、リーグ戦26試合に出場するなど久々に充実した一年を送ったゲッツェ。しかし、今季はユリアン・ブラントなどの加入もあり、リーグ戦出場は12試合に留まっている。

 そんなゲッツェだが、今季限りでドルトムントを離れる可能性が高そうだ。ドイツ紙『ビルト』によると、クラブ側が契約延長の条件として提示した年棒の大幅減額を選手側が拒否した模様。よって、契約延長の可能性は消滅したという。新天地候補にはヘルタ・ベルリンなどが挙がっていたが、ユルゲン・クリンスマン監督の突然の辞任による影響もあり、こちらも実現しない可能性がある。来夏にフリーの身となることが濃厚なゲッツェだが、果たして去就はどうなるか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top