名古屋グランパス、歴代ガッカリ外国籍選手5人。リネカーだけじゃない…歴史に埋もれたW杯優勝メンバーも

2020年05月15日(Fri)7時15分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

日本愛を隠さなかった期待の若手

Grampus_2013jakimovski
2013年J1開幕戦:ジュビロ磐田戦の先発メンバー

ニコラ・ヤキモフスキー(北マケドニア出身)

生年月日:1990年2月25日(当時22歳)
在籍期間:2013年
J1通算成績:15試合出場/0得点

 ストイコビッチ監督の右腕としてヘッドコーチを務めていたボスコ・ジュロブスキー氏の推薦により、2012年12月の時点で翌シーズンの名古屋加入が発表されていた。北マケドニア(当時はマケドニア)のA代表歴こそなかったものの、攻撃的なポジションを幅広くこなせるマルチアタッカーとして期待されていた。

 しかし、なかなか日本のサッカーに適応できず、出場機会は限定的に。リーグ戦15試合の出場でノーゴールのまま、1年で名古屋を退団することとなった。SNSを駆使してチームメイトと積極的に交流し、離日後も日本愛を度々投稿していたが、Jリーグ再挑戦は叶っていない。

 名古屋退団後はセルビア1部のヤゴディナに加入。2015年以降はイタリアの下部リーグのクラブを中心に短期間で数多くの渡り歩いている。現在はセリエBのトラパニに所属している。

●2013年J1開幕戦:ジュビロ磐田戦の先発メンバー

▽GK
楢崎正剛

▽DF
田中マルクス闘莉王
ダニエル
牟田雄祐

▽MF
田中隼磨
ダニルソン・コルドバ
田口泰士
ニコラ・ヤキモフスキー
玉田圭司
藤本淳吾

▽FW
矢野貴章

【次ページ】元Jリーグ年間MVP

1 2 3 4 5

新着記事

↑top