セレッソ大阪、歴代ガッカリ外国籍選手5人。元W杯戦士も…J2降格を止められなかった助っ人たち

2020年05月19日(Tue)7時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

W杯も経験した元ドイツ代表FW

Cerezo_2014cacau
2014年J1第26節:浦和レッズ戦の先発メンバー

カカウ(元ドイツ代表)

生年月日:1981年3月27日(当時33歳)
在籍期間:2014年〜2015年
J1通算成績:12試合出場/5得点
J2通算成績:12試合出場/2得点

 ドイツ代表として南アフリカワールドカップに参戦した経験を持つストライカーで、ブンデスリーガ1部でも300試合以上に出場した実績があった。しかし、そのワールドカップ以降はクラブでの成績が下降傾向にあり、2013/14シーズン限りで契約満了にともなって11シーズン在籍したシュトゥットガルトを退団。

 そして2014年8月、セレッソへの移籍が発表される。肉体的な衰えは見られたもののリーグ戦12試合で5得点と一定の成果は残した。とはいえ当時ディエゴ・フォルランなども獲得して優勝候補に挙げられながら、セレッソはチームとして機能していなかった。カカウも窮地を救うような活躍は見せられず、J2降格を味わうことになる。

 J2で迎えた2015年も試合にこそ出場していたが、なかなか結果を出せず退団までのJ2リーグ戦12試合でわずか2得点に終わった。最終的に、同年6月末までの契約を前倒しして6月9日に打ち切ってセレッソを退団した。離日時に日本で乗っていたママチャリをドイツに持ち帰ったこともよく知られている。

 2015年夏からは古巣シュトゥットガルトのセカンドチームでプレーし、翌年10月に現役引退。セカンドキャリアではドイツサッカー連盟の役員となって社会統合事業に従事している。

●2014年J1第26節:浦和レッズ戦の先発メンバー

▽GK
キム・ジンヒョン

▽DF
酒本憲幸
山下達也
染谷悠太
丸橋祐介

▽MF
南野拓実
扇原貴宏
長谷川アーリアジャスール
キム・ソンジュン

▽FW
カカウ
杉本健勇

1 2 3 4 5

新着記事

↑top