2020年Jリーグ最大の衝撃

三笘薫
【写真:Getty Images】

三笘薫(川崎フロンターレ/日本)
生年月日:1997年5月20日(23歳)
2020リーグ戦成績:30試合出場/13得点13アシスト

 2020年のJリーグで最も大きな衝撃をもたらした選手に違いない。リーグ戦での13得点は、渡邉千真が持っていたJ1の新人年間最多得点記録に並んだ。さらに同じ数のアシストを残しているのだから恐ろしい。

 筑波大学から川崎フロンターレに加入して1年目の2020年は、途中出場も多かったが、インパクトは絶大だ。するすると相手選手の間を抜けていくような細かいタッチの高速ドリブルでディフェンスを切り裂き、ゴール前では無情な一撃をお見舞いする。1対1で三笘を止められた選手がどれだけいただろうか。

 圧倒的な強さでJ1を制したフロンターレで崩しのキーマンとなり、Jリーグベストイレブンにも選出。いま波に乗るJ屈指の若手アタッカーは東京五輪代表の有力候補だが、その前にA代表でクオリティを証明するチャンスを与えられても不思議ではない。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top