Jリーグ、移籍まとめ(3)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人

Jリーグを応援するサポーターにとって、シーズンオフは一喜一憂する日々が続く。来る2021年シーズンに向け、選手の退団や加入が連日のように発表されている。フットボールチャンネルでは、新天地で新たなシーズンを迎える注目選手を複数回にわたって紹介していく。

2021年01月06日(Wed)6時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

セレッソ生え抜きの象徴

柿谷曜一朗
【写真:Getty Images】

FW:柿谷曜一朗(かきたに・よういちろう)
生年月日:1990年1月3日(31歳)
2020リーグ戦成績:24試合出場/1得点1アシスト
所属クラブ:セレッソ大阪→名古屋グランパス


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 セレッソ大阪の象徴である背番号8を託されていた生え抜きプレーヤーが、ついに移籍を決断した。これまでも宿敵・ガンバ大阪行きなどが報じられたことはあったが、新天地は名古屋グランパスに決まっている。

 日本代表歴もある実力者だが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督のもとでは力を発揮しきれなかった。緻密な戦術になかなか馴染めず、2019年から2020年にかけて出場試合数こそ増えたものの、出場時間は半分以下に。セレッソは柿谷のこともよく知るレヴィー・クルピ監督の再任を発表しているものの、新たな活躍の場を欲していたようだ。

 グランパスはマッシモ・フィッカデンティ監督の率いられ、2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得している。まずはこれまでと一変して守備に重心を置くマッシモ戦術に適応し、アジアの舞台でも豊富な経験と技術の高さを見せつけたいところだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top