Jリーグ移籍まとめ(6)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人

2021年01月20日(Wed)6時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

10年ぶりのヴェルディ復帰

富澤清太郎
【写真:Getty Images】

MF:富澤清太郎(とみさわ・せいたろう)
生年月日:1982年7月8日(38歳)
2020リーグ戦成績:18試合出場/1得点
所属クラブ:SC相模原→東京ヴェルディ

 昨季はSC相模原のキャプテンとしてJ2昇格に貢献した。負傷もあってリーグ戦は18試合の出場にとどまったが、リーダーとしてチームに与えた影響は絶大。主にセンターバックとして奮闘し、J3第23節のロアッソ熊本戦ではJ2昇格を争うライバルから貴重な決勝点を挙げてクラブ史上初の快挙達成を手繰り寄せた。

 東京ヴェルディには10年ぶりの復帰となる。幼少期から前身となるヴェルディ川崎の育成組織でプレーし、2001年にトップチーム昇格。その後はベガルタ仙台に期限付き移籍した1年を挟み、10年間にわたってヴェルディの一員としてJリーグを戦った。

 2012年の横浜F・マリノス移籍を皮切りに、ジェフユナイテッド市原・千葉、アルビレックス新潟、SC相模原を渡り歩いて「運命に引き寄せられる様に」古巣帰還。加入リリースでは「私たちに必要なのは目の前の戦いを一戦一戦、全力でやり抜く力だと信じています。このいただいたご縁を、必ず未来につなげたいと思います」と力強いコメントを発信していた。

【次ページ】10年ぶりの新潟復帰

1 2 3 4 5

新着記事

↑top