日本代表全選手紹介(MF)。ドイツ、ベルギー、ポルトガル…、欧州で活躍する主力と、ポジション争いに挑むJリーガーたち

日本代表は25日に韓国代表と、30日にはモンゴル代表戦と対戦する。国際親善試合そして、カタールワールドカップアジア2次予選を戦う日本代表にはどのようなメンバーが召集されたのか。今回はMFの近況を紹介する。

2021年03月22日(Mon)6時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

初選出を果たした2人のJリーガー

江坂任
【写真:Getty Images】

MF:江坂任(えさか・あたる)
所属クラブ:柏レイソル
生年月日:1992年5月31日(28歳)
日本代表通算成績:出場なし(初召集)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 柏レイソルの背番号10が、28歳にして初の日本代表選出を果たした。流通経済大学からザスパクサツ群馬、大宮アルディージャを経て18年から柏でプレー。ネルシーニョ監督からも全幅の信頼を得て、柏の攻撃を牽引している。

 トップ下を本職とする司令塔タイプのMFで、左右両足から精度の高いラストパスを送る。昨季まで在籍したオルンガとはホットラインを築き、2人の関係性からゴールを量産した。キープ力やドリブルにも定評があり、守備面でも巧みなポジショニングと豊富な運動量が光る。

 総合力の高い司令塔に成長した江坂は、日本代表で激しいポジション争いに挑むことになる。トップ下にはプレミアリーグで揉まれる南野拓実と、フランクフルトで攻撃を取り仕切る鎌田大地がいる。ただ、今回は堂安律と久保建英がU-24日本代表に選ばれたことでチャンスが生まれた。Jリーグで見せる華麗なテクニックと泥臭い献身性を、日本代表の舞台でも見てみたい。

稲垣祥
【写真:Getty Images】

MF:稲垣祥(いながき・しょう)
所属クラブ:名古屋グランパス
生年月日:1991年12月25日(29歳)
日本代表通算成績:出場なし(初選出)

 セレッソ大阪の原川力が初選出されていたが、20日の湘南ベルマーレ戦で太ももを負傷。開幕6連勝を達成した名古屋グランパスの中盤を支える稲垣祥が、原川に代わって追加召集された。

 マッシモ・フィッカデンティ監督が率いる名古屋において、稲垣の果たす役割は大きい。米本拓司と中盤の底に並び、ピッチの至るところに顔を出す。優れたボール奪取能力と豊富な運動量で、名古屋の潤滑油としてチームを支えている。

 FC東京U-15むさしでプレーし、帝京高校、日本体育大学を経てJリーグに挑戦した。ヴァンフォーレ甲府とサンフレッチェ広島で3年間ずつプレーし、昨季から名古屋へ。プロ8年目の29歳で、今季中のJ1通算200試合出場も可能な位置につけている。今まで世代別の日本代表の経験がほとんどなかった稲垣は、叩き上げで日本代表まで登り詰めている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top