日本代表は2日、カタールワールドカップ・アジア最終予選でオマーン代表と対戦し、0-1で敗れた。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

「アイデアはあまりなさそう」

日本代表
【写真:日本サッカー協会】

――本日もよろしくお願いします。最終予選が始まりますが、冨安健洋と守田英正が合流できず、板倉滉も離脱。南野拓実も前日練習に参加せずに先発から外れました。いきなり厳しいやりくりとなりましたね。

「そうですね。冨安と南野はベストメンバーだけど、植田直通と原口元気も期待できます。柴崎岳と遠藤航のコンビは非常にポテンシャルが高いと思います」

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


――雨も試合に影響しそうですね。

「そうですね。雨は日本代表の方が助かるかもしれません。スリッピーなピッチでパススピードが速くなれば攻撃はより鋭くなるかも」

――ただ、ピッチを見ているとけっこう雨が溜まってて、ボールが止まりそうですね。

「やばいですね。スリッピーというより溜まってる! でも、これだとオマーンの方も不慣れだと思う。

――オマーンは1ヶ月キャンプをしてきたそうですが、引いて守るだけじゃなく攻撃も仕掛けていますね。

「そうですね。ボールを奪ったらできるだけ早く敵陣に蹴って前からプレッシャーをかけます。でも、アイデアはあまりなさそう。クロスをあげるくらいですね。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top