<試合結果>日本代表、中国下して最終予選初白星! 大迫勇也が値千金の決勝弾【W杯アジア最終予選】

日本代表は7日、2022年カタールW杯アジア最終予選で中国代表と対戦した。

2021年09月08日(Wed)1時52分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

苦しみながらも初勝利

2021-09-09-japan2_getty
【写真:Getty Images】

【日本 1-0 中国 2022年カタールW杯アジア最終予選】

 カタールワールドカップアジア最終予選の日本代表対中国代表が7日に行われた。試合は1-0で日本代表が勝利した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 初戦のオマーン戦で不甲斐ない戦いを見せて黒星スタートとなった日本は、久保建英や冨安健洋を先発で起用した。

 立ち上がりから主導権を握ったのは日本で、一方的に攻める展開が続く。中国は人数をかけてはね返すだけとなり、日本が完全にペースを握った。

 しかし、23分に放った久保のシュートはポストに嫌われ、38分の決定機も決めきれず、日本は良くない雰囲気が漂い始める。それでも40分、伊東純也の縦へのドリブルから、ゴール前へのボールに大迫勇也が合わせて、ついに先制点。日本が待望のリードを得て前半を終えた。

 日本は後半立ち上がりに古橋亨梧が負傷を抱え、原口元気との交代を余儀なくされる。

 流れを変えたい中国は、63分に3枚替えを行って前がかりになり、試合はよりオープンになった。ただし、日本は2点目を奪うよりもバランスを崩さないことに意識を向けて、1点差を維持した格好だった。

 大迫の前半のゴールが決勝点となり、日本は中国に1-0で勝利。最終予選初白星を手にした。

【得点者】
40分 1-0 大迫勇也(日本)

【了】

新着記事

↑top