最高額のJリーガーは誰だ? サッカー選手市場価値ランキング56~60位。自己最高額更新! 大ブレイクを果たした快速ストライカーとは…【2021最新版】

2021年12月16日(Thu)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い Jリーガーは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は11月30日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

60位:Jリーグ屈指の鉄壁

1215-森重
【写真:Getty Images】

DF:森重真人(元日本代表/FC東京)
生年月日:1987年5月21日(34歳)
市場価値:100万ユーロ(約1.2億円)
2021リーグ戦成績:35試合4得点3アシスト


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 大分トリニータでプロキャリアをスタートした森重真人は、2年目の2007シーズン後半に正式にセンターバックにコンバートされると才能が開花。スタメンに定着すると、翌年にはリーグ最少失点の鉄壁を築き、クラブ史上初のナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)優勝に貢献した。

 その後、2010年に移籍したFC東京ではJ2降格を味わったが、1年でのJ1復帰を決めた2011シーズンにクラブ史上初となる天皇杯優勝に貢献。センターバックとボランチの二役を務め、チームの要となったこのDFは、2013年に日本代表デビューを果たすと、Jリーグでは4シーズン連続でベストイレブンに選出された。

 Jリーグトップクラスの実力を誇る森重は、4季連続でベストイレブンに選出された翌年に、自己最高となる200万ユーロ(約2.4億円)を記録した。しかし、その後もチームの要となる活躍を続けたが、市場価値は下落が続き、現在は100万ユーロ(約1.2億円)となっている。34歳を迎え、ベテランと呼ばれる域に入ったこのDFは、再び自身の評価を上げることが出来るだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top