川崎フロンターレ史上最強!伝説の英雄5人。中村憲剛、大久保嘉人…黄金時代に導いた男たち

2022年01月09日(Sun)9時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

 1993年に開幕したJリーグは今年で30周年の節目を迎えた。川崎フロンターレでは、これまでに多くのレジェンドたちが活躍してきた。今回は、数々の伝説の選手から5人を厳選して紹介する。

クラブ一筋の“ミスターフロンターレ”

伊藤宏樹
【写真:Getty Images】

DF:伊藤宏樹
生年月日:1978年7月27日
リーグ通算成績:390試合9得点
主な獲得タイトル:ー


【今シーズンもJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 フロンターレの守備のレジェンドといえば、“ミスターフロンターレ”、伊藤宏樹が思い浮かぶ。2001年に立命館大学から入団した彼は、2013年の現役引退までフロンターレ一筋を貫いている。

 プロ1年目で開幕からピッチに立った伊藤は、レギュラーに定着。4シーズンをJ2で戦ったあとの2005年には、フロンターレのキャプテンとしてJ1に挑戦した。2014年にはJリーグ功労賞を受賞。選考理由の一つは「クラブの社会貢献活動にも企画段階から加わりJリーグ、クラブの理念を率先して推進してきた」というものだった。

 プロキャリア13年間で獲得したタイトルは、2004年のJ2を除けばゼロ。「それだけが残念で申し訳ない気持ち」と本人がコメントしていたが、伊藤らが築いた土台の上に、今のフロンターレが存在する。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top