サッカー日本代表 最新ニュース

日本代表は24日、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し2-0で勝利。この試合で、選手のパフォーマンスはどうだったのか。今回はポジションごとにA~Cの3段階で評価する。


FW

浅野拓磨
【写真:Getty Images】

浅野拓磨(背番号18)
オーストラリア代表戦:63分OUT
評価:C


【日本代表 W杯最終予選はDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初月1ヶ月無料お試し実施中】


 怪我により不在となった大迫勇也に代わり3トップの中央で出場。何度か持ち味のスピードを活かして相手DF陣の背後を取ったり、献身的な守備も見せたりしたが、雨の影響かボールコントロールが乱れる場面が見受けられるなど、ゴール前での精度は十分ではなかった。上田綺世との交代を命じられたため63分までのプレーとなったが、インパクトを残せたとは言い難い。

上田綺世(背番号9)
オーストラリア代表戦:63分IN
評価:B

 浅野拓磨に代わり63分から出場。難しい時間帯ながら落ち着いて試合に入り、69分には正確なコントロールから素早く右足を振り抜いてGKマシュー・ライアンを脅かした。また、攻から守への切り替えも早く、何度か良いボール奪取も見せている。限られた出場時間の中、やるべきことはやったと評価できるだろう。

林大地(背番号-)
オーストラリア代表戦:出場なし
評価:なし

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top