Jリーグ 最新ニュース

ルヴァンカップ
【写真:Getty Images】



プレーオフステージ進出チームが出揃う

 JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第6節の全8試合が18日に開催された。プレーオフステージに進む全チームが確定している。



【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】

 すでに鹿島アントラーズとセレッソ大阪が突破を決めていたグループAでは両チームが首位争い。鹿島は上田綺世の先制点と土居聖真の2得点でガンバ大阪に3-1の勝利を収め、C大阪は大分トリニータとの打ち合いの末に3-3で引き分けた。この結果、鹿島が首位を確保している。

 グループBでは首位通過決定済みのサンフレッチェ広島が清水エスパルスに1-2の敗戦。徳島ヴォルティスに2-0の勝利を収めた名古屋グランパスで2位でのプレーオフステージ進出を決めた。

 グループCは4チーム全てにグループ突破の望みが残されていた状況。柏レイソルに1-0の勝利を収めた京都サンガF.C.が首位に浮上してグループを終え、サガン鳥栖と1-1で引き分けた北海道コンサドーレ札幌が柏を直接対決の成績で上回って2位に滑り込んだ。

 グループDでは池田昌生のルヴァン杯4試合連続ゴールでジュビロ磐田に勝利を収めた湘南ベルマーレが首位に。FC東京対福岡戦はスコアレスドローに終わり、福岡が2位通過となった。

 この結果、プレーオフステージに進む8チームと対戦カードが決定。鹿島対福岡、広島対札幌、京都対名古屋、湘南対C大阪の各カードとなり、6月4日および11日にホーム&アウェイ方式で各カードが開催される。

▽ルヴァン杯グループステージ第6節
G大阪 1-3 鹿島
大分 3-3 C大阪
清水 2-1 広島
徳島 0-2 名古屋
札幌 1-1 鳥栖
柏 0-1 京都
FC東京 0-0 福岡
湘南 1-0 磐田

【了】

新着記事

↑top