空中戦は無敵!? Jリーグ最強のエアバトラー5選。デカい、強い、止められない!? 制空権を握り続ける男たち

2022年08月29日(月)7時00分配信

シリーズ:Jリーグ能力別最強の5人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

1対1の強さは、高いインテンシティーが求められる現代サッカーにおいて不可欠な要素だ。それは「地上戦」だけに限らず「空中戦」にも同じことが言える。では、現在のJリーグにおいて最強のエアバトラーは誰なのか。独自の視点と空中戦勝利数をはじめとするデータをもとに、空中戦最強の5人を選んだ(数字は8月26日時点)。


FW:鈴木優磨(鹿島アントラーズ)


【写真:Getty Images】

生年月日:1996年4月26日
2022リーグ戦成績:24試合7得点8アシスト
空中戦勝利数:85回


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 今季シント=トロイデンから鹿島アントラーズに復帰した鈴木優磨は、J1リーグの舞台で素晴らしい活躍を披露している。フィニッシャーとしてはもちろんのこと、現時点でアシスト数が得点数を上回っているなど、チャンスメーカーとしても質の高いプレーを連発。愛するクラブに多くの勝ち点をもたらしている。

 ボックス内での駆け引きの巧さや決定力の高さ、ボールを収め味方を生かす技術力の高さに加え、日本人離れしたパワーも持っているのがこの男の恐ろしいところだ。今季のJ1では空中戦勝利数85回を記録。これは全体3番目に多い数字で、日本人FWの中では断トツの成績である。ヘディングでの得点はここまで2つあり、日本人選手としては2位タイにつけている。

 得点力とアシスト力の両方を兼ね備え、さらに前線で制空権を握り続ける鈴木は、まさにJリーグ最強の万能型ストライカーと言っていいだろう。チームを何としてでも勝たせたいという思いもプレーからひしひしと伝わってきており、他クラブにとってこれほど怖い存在はない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top