「もう言い訳はできない」南野拓実の4年間。サッカー日本代表、背番号10の飛躍と苦悩【コラム】

2022年11月14日(月)8時00分配信

シリーズ:サッカー日本代表、カタールW杯までの4年間
text by 元川悦子
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

FIFAワールドカップカタールの開幕まであとわずか。サッカー日本代表がAFCアジアカップ準優勝やカタールW杯予選敗退の危機など、紆余曲折を経てきたのと同じように、選手個人にもこの4年間で様々なドラマがあった。今回は、前回大会後から長きにわたって日本代表を支えてきた南野拓実の4年間を振り返る。(取材・文:元川悦子)


「鎌田大地の控え」4年前と対照的な現実


【写真:Getty Images】

「もうワールドカップ(W杯)前なので言い訳はできない。チームを勝たせられるような選手になることだけですね。そのために、ゴールに関わるとか、間で受けて前を向いて多少強引でも突破するとか、周りと関わりながらコミュニケーションを取って中で解決策を見つけるとか、トライしたいと思います」

【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


 9月のエクアドル代表戦に先発し、後半22分までプレーしながら、得点機に絡めなかった南野拓実は不完全燃焼感を色濃くにじませた。

 この日の南野に与えられたのはトップ下。2018年9月のコスタリカ代表戦で森保ジャパンが発足した際から主戦場としてきたポジションである。それだけに、本人も悔しさが募ったはず。ただ、現状では今季欧州で公式戦12ゴール3アシストと輝きを放つ鎌田大地の控え。厳しい現実を見据えて、今、やれることを地道にやっていくしかない。そんな割り切りのようなものが、本人から感じられた。

 振り返ってみると、4年前の南野は堂安律、中島翔哉との2列目コンビで爆発的な推進力を披露。眩いばかりの輝きを放っていた。新体制初陣で念願だった代表初得点をゲットすると、そこから3戦4発とゴールラッシュを見せる。もともとシュート技術の高さには定評があったが、ここ一番での決定力の高さ、冷静さを森保一監督も高く評価。新たなチームのエースと位置付け、彼を軸に攻撃陣を組み立てていく意向を示した。

1 2 3 4

新着記事

↑top