3位:上田綺世(うえだ・あやせ)


【写真:Getty Images】


生年月日:1998年8月28日
所属クラブ:セルクル・ブルッヘ(ベルギー)
22/23リーグ戦成績:22試合8得点0アシスト

 ベルギーでは数多くの日本人選手がプレーしている。その中でいま最もゴールを奪っているのが、セルクル・ブルッヘ所属の上田綺世だ。

 昨年夏に鹿島アントラーズから欧州に渡った上田のスタートは順調ではなかった。ベルギー独特のフィジカルの強さやテンポに対応することができず、リーグ開幕10試合でわずか2ゴール。ストライカーとして満足できる結果でないことは、誰の目にも明らかだった。

 しかし、チームがベースフォーメーションを変更し上昇気流に乗ると、上田にも結果がついてくるように。第12節〜第17節までの6試合で5得点を奪うという活躍もあった。また、先日の第22節オーステンデ戦でもゴールを決めており、これで今季リーグ戦得点数は「8」に。厳しいかと思われた序盤戦から一転、海外1年目での2桁得点到達が間近に迫っている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top