海外日本人選手 最新ニュース

ヨーロッパでは数多くの日本人選手がプレーしている。その中で、最も多くのゴールを奪っているのは誰なのか。今回は、欧州クラブに所属する日本人選手限定の得点ランキングを1〜10位まで紹介する。(情報は24日時点で、リーグ戦のみの成績が対象。成績は『transfermarkt』を参照、ゴール数が並んだ場合の順位はサイトに準拠)


10位:久保建英(くぼ・たけふさ)


【写真:Getty Images】

生年月日:2001年6月4日
所属クラブ:レアル・ソシエダ(スペイン)
22/23リーグ戦成績:15試合3得点3アシスト


【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 FIFAワールドカップカタール2022にも出場した久保建英は、キャリアで最高のシーズンを過ごしていると言っていいだろう。

 今季より所属するレアル・ソシエダは久保にとって理想的なクラブだ。ボールポゼッションを基本とするチームスタイル的にも持ち味を発揮しやすく、毎試合伸び伸びとプレーしている。ヘタフェやマジョルカ2年目の頃は「ゴールやアシストが足りない」との声も聞かれたが、ソシエダではすでにリーグ戦15試合で3得点3アシストと良いペースで数字を積み重ねている。

 久保のキャリアハイはマジョルカに所属していた2019/20シーズンのリーグ戦35試合4得点5アシスト。今季は更新できる可能性が非常に高いと言っていいだろう。今後もラ・リーガ、そしてヨーロッパリーグ(EL)の舞台における活躍に期待したい。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top