まだ獲得可能! Jリーグを去った外国人5人。いまだフリーの強力助っ人たちの行く先は?

2023年01月26日(木)6時00分配信

シリーズ:Jリーグを去った外国人5人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

 明治安田生命Jリーグ開幕に向けて各クラブは準備を進めているが、今季の所属先が決まっていない選手もいる。チームの成績にダイレクトに響く外国籍選手の去就はオフの注目ポイントだが、昨季限りで契約満了となった選手も多い。今回は、25日時点で無所属の外国籍選手を5人紹介する。


ガブリエル・シャビエル


【写真:Getty Images】

生年月日:1993年7月15日(29歳)
2022在籍クラブ:北海道コンサドーレ札幌
2022リーグ戦成績:26試合3得点
Jリーグ通算成績:148試合23得点


【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 2017年夏に名古屋グランパスに加入したガブリエル・シャビエルは、たった16試合で7得点14アシストという驚異的な数字をたたき出した。その後も卓越したテクニックを武器に名古屋の攻撃の中心となり、4年半でリーグ戦122試合に出場した。

 2021シーズン限りで名古屋との契約が満了となり、チャナティップを失った北海道コンサドーレ札幌に加入した。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下では時に最前線でプレーすることも。しかし、昨季は怪我もありベストパフォーマンスとは言えない1年を過ごした。

 札幌は今年1月7日に24選手との契約更新を一挙に発表したが、同日にシャビエルの退団も発表されることとなった。ブラジルメディア『iG Esporte』が今月上旬に伝えたところによると、母国でプレーする可能性もあるという。その天才的な技術を日本で見ることはできないのだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top